SPOAL

Special
92記事
  • 新着順
  • 人気順
  • No Regrets VOL.4 No Regrets VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    ようやく世界チャンピオンとなった花形冴美。プライベートでは結婚を発表し、2度目の防衛戦を最後に引退することを決めた。テーマに掲げたのは「楽しむ」だった。最後のリングで彼女が感じたことは--。

    記事を読む
  • No Regrets VOL.3 No Regrets VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    なかなか世界のベルトに届かない花形冴美を支えたのが木村章司トレーナーであった。4度目の挑戦も失敗に終わり、再起戦にも敗れた。心に大きなダメージを負った彼女はいかに立ち直ったのか--。

    記事を読む
  • No Regrets VOL.2 No Regrets VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    「NO REGRETS」第2回。女子プロボクシングの世界に飛び込んだ花形冴美は、デビュー戦でいきなり敗北を喫してしまう。眼窩底骨折の大ケガも負った。母親と一緒に、花形進会長のもとを訪れて……。

    記事を読む
  • No Regrets VOL.1 No Regrets VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    2021年3月18日、IBF女子世界アトム級王者・花形冴美はドローで2度目の防衛を果たして、ボクシングに別れを告げた。リング上で「悔いはありません」と言い切った。彼女はなぜボクシングをやり切れたのか--。

    記事を読む
  • クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.4 クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.4
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    JFE東日本の須田幸太は社会人野球からプロ野球をへて再び社会人野球に戻ってきた。シーズン3年目となる今季は兼任コーチという肩書きがつき、若い選手たちと日々トレーニングに励んでいる。ラストは社会人野球で有終の美を――。明日への扉を開く野球物語「クローザー」はいよいよ最終回。

    記事を読む
  • クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.3 クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.3
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    JFE東日本硬式野球部で活躍する須田幸太は2011年から2018年にかけてプロ野球の横浜DeNAベイスターズに籍を置いた。大学、社会人野球のトップ選手として活躍した須田にとってプロ野球はなかなか勝手の違う世界だった。第3回は須田幸太のプロ野球時代の話――。

    記事を読む
  • クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.2 クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.2
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    社会人野球の強豪チーム、JFE東日本硬式野球部の投手、須田幸太は横浜DeNAベイスターズで活躍した元プロ選手だ。社会人野球に転向した元プロ選手が必ずしも活躍できるとは限らない中、須田は大いに結果を残した希有な選手と言える。第2回は須田の野球キャリアを振り返る。

    記事を読む
  • クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.1 クローザー JFE東日本 須田幸太 VOL.1
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    社会人野球からプロ野球に転じ、再び社会人野球に舞い戻って大活躍した選手がいる。JFE東日本硬式野球部の投手、須田幸太だ。須田は横浜DeNAベイスターズに8シーズン在籍したのち、古巣のJFE東日本に帰ってきた。復帰初年度となった2019年にめざましい活躍をみせてチームの都市対抗野球初優勝に貢献。起伏に富んだ野球人生を送るクローザーの物語をお届けする。

    記事を読む
  • Windingroad season2 VOL.3 Windingroad season2 VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    「Winding Road season2」最終回。細貝萌は社会貢献活動に熱心なことでも知られる。バンコク日本人学校へのサッカーボール寄贈、難病指定のシーテフに対する啓発活動……彼はなぜ社会貢献に目を向けるのか。

    記事を読む
  • Windingroad season2 VOL.2 Windingroad season2 VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    タイリーグの終盤戦。細貝萌には46日間で14試合という超過密スケジュールとの戦いが待っていた。高温多湿というタイ特有の事情もあるなかで、彼はケガを予防し、コンディションを整えていく。

    記事を読む
  • Windingroad season2 VOL.1 Windingroad season2 VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    日本代表や欧州などで活躍してきたフットボーラー細貝萌の物語を綴る「Winding Road」バンコク・ユナイテッド編。新型コロナウイルスの影響によって1年以上に及んだ長いシーズンを、彼はいかにして乗り切ったのか。

    記事を読む
  • エキサイトマッチを語ろう Extra エキサイトマッチを語ろう Extra
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    「Excite Matchを語ろう。」いかかでしたか? 実況を担当する髙柳謙一アナウンサーを迎え、いろんな裏話を聞くことができました。ダブル聞き手となった私、二宮と渋谷はコーヒーショップに入って記事の打ち合わせ。俺たちってそう言えば……。

    記事を読む
  • エキサイトマッチを語ろう VOL.4 エキサイトマッチを語ろう VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ついに「Excite Matchを語ろう。」最終回。風邪を引いて声が出にくかった話から、ボクサーから言われてうれしかった話まで。髙柳アナウンサーの番組に対する強い思い、最後までどうぞ聞いてください。

    記事を読む
  • エキサイトマッチを語ろう VOL.3 エキサイトマッチを語ろう VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    「Excite Match」と言えばやはり髙柳謙一アナウンサー、ジョー小泉、浜田剛史、3氏の掛け合いだろう。〝ハーモニー〟を生み出すために、どのような工夫をしているのか。また、場を〝つなぐ〟ためには何が大切なのか。髙柳アナの流儀に迫る。

    記事を読む
  • エキサイトマッチを語ろう VOL.2 エキサイトマッチを語ろう VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    「Excite Matchを語ろう。」次のテーマはマイク・タイソンに移っていく。髙柳謙一アナウンサーが印象に残ったシーンとは? そしてイベンダー・ホリフィールドに対するあの〝耳噛み事件〟の話題にも及んだ。

    記事を読む
  • エキサイトマッチを語ろう VOL.1 エキサイトマッチを語ろう VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    日本のボクシングファンに愛され続けるWOWOWのプロボクシング番組「Excite Match~世界プロボクシング」は放送から30周年のメモリアルイヤー。正式に番組が始まった1991年から実況を担当する髙柳謙一アナウンサーを迎えた「Excite Matchを語ろう。」いざ、ゴング!

    記事を読む
  • 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.7 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.7
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    日本を代表する俳優の一人、香川照之と世界に名を馳せるボクシングカメラマン、福田直樹によるボクシングマニアックトークはいよいよ最終回。今回は最新のボクシングに対する2人の見方、そしてマニアの神髄とはなにかをお届けする。

    記事を読む
  • 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.6 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.6
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ともにボクシングに情熱を注ぎ続けた香川照之と福田直樹。互いの仕事も軌道に乗り始めていた30代半ば、福田はプロのボクシングカメラマンを志してアメリカに渡る。それは盟友、香川にとっても驚くべき出来事だった。

    記事を読む
  • 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.5 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.5
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    【SPOAL一周年企画】香川照之と福田直樹のボクシングトークはまだまだ続く。日本の杉谷満からプエルトリコのバルガス兄弟、両氏がベストバウトに上げるエドウィン・ロサリオvs.フリオ・セサール・チャベス、さらには数々の名勝負まで。第5回もマニアックトークが炸裂!

    記事を読む
  • 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.4 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.4
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    【SPOAL一周年企画】ボクシングは見れば見るほど奥が深い。2人は大好きな中南米の選手以外にも多くのボクサーと出会い、世界には実にいろいろなボクシングがあるのだと知っていく。中でも1990年に来日した旧ソ連の“ペレストロイカ軍団”は、マニアな2人にとっても衝撃的だった。

    記事を読む
  • 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.3 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.3
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    【SPOAL一周年企画】ボクシングの話を始めたらだれも止められない香川照之と福田直樹。そもそもこの2人はいかようにしてボクシングの魅力にとりつかれ、どのような学生時代を送っていたのだろうか。スペシャル対談の第3回は40年前にタイムスリップして中学時代、高校時代の様子を語ってもらった。

    記事を読む
  • 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.2 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.2
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    【SPOAL一周年企画】1枚の写真からそのボクサーの個性、試合内容まですべての想像し、映像を入手できるようになってからはテープがすり切れるほど試合映像を見た。ボクシングに徹底してのめり込む香川照之と福田直樹は多くの時間をともに過ごし、ボクシングファンとしての価値観を共有していった。

    記事を読む
  • 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.1 香川照之×福田直樹対談 我々にはボクシングがある VOL.1
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    【SPOAL一周年企画】これほどボクシングを愛している2人がいるだろうか。日本を代表する俳優の一人である香川照之と世界ナンバーワンのボクシングカメラマンとなった福田直樹。暁星小学・中学・高校の同級生である2人はいつしかボクシングのとりことなり、人生における多大な時間をボクシングに費やしてきた。希代のボクシング好きが送るマニアック対談―。

    記事を読む
  • 1勝7敗の名チャンプ VOL.5 1勝7敗の名チャンプ VOL.5
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    「1勝7敗の名チャンプ」最終回――。WBC世界フライ級王者ミゲル・カントにメキシコで挑戦したものの、完敗に終わって引退を決意する。花形進は焼き鳥居酒屋店のスタッフ、スナックの店員などいろんな職業を経て、1985年に花形ボクシングジムを開設。多くのチャンピオンを輩出していく。

    記事を読む
  • 1勝7敗の名チャンプ VOL.4 1勝7敗の名チャンプ VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    苦労人の花形進はチャチャイ・チオノイ(タイ)に勝利して、62試合目にしてようやく世界チャンピオンとなる。初防衛戦の相手は以前、フィリピンまで出向いて判定負けしたエルビト・サラバリアに。会場は富山、「花形の判定勝ち」と思われたが――。

    記事を読む
  • 1勝7敗の名チャンプ VOL.3 1勝7敗の名チャンプ VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    大場政夫に挑戦したWBA世界フライ級タイトルマッチは一進一退の名勝負となった。意地と意地、プライドとプライドのぶつかり。ラウンドを追うごとに激しさが増していった勝負の行方は――。

    記事を読む
  • 1勝7敗の名チャンプ VOL.2 1勝7敗の名チャンプ VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    WBC世界フライ級王者アクアラン・トーレスにノンタイトルマッチで勝利した花形進はその5カ月後、メキシコに乗り込んでリマッチに臨む。今度は世界王座を懸けての戦い。会場となるグアダラハラのモスメンタル闘牛場には2万人の観客が集まった――。

    記事を読む
  • 1勝7敗の名チャンプ VOL.1 1勝7敗の名チャンプ VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    世界タイトルマッチは1勝7敗。されど花形進はプロボクシング界の名チャンプであった。劣勢に追い込まれたところで心は折れない。あきらめなければ、勝機はある。花形進はどんな状況であっても前に進もうとするボクサーであった。「1勝7敗の名チャンプ」第1回――。

    記事を読む
  • パラのミライS2 パラのミライ金子ディレクター編 VOL.3 パラのミライS2 パラのミライ金子ディレクター編 VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    金子知史ディレクター編最終回。D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)社会の実現に向けて何が大切になってくるのか。これまでの取り組みを通じて感じたこと、考えたことを聞いた。彼が思う「パラのミライ」とは――。

    記事を読む
  • パラのミライS2 パラのミライ金子ディレクター編 VOL.2 パラのミライS2 パラのミライ金子ディレクター編 VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    2018年6月に完成したパラスポーツ専用体育館「日本財団パラアリーナ」。ユニバーサルデザインとクリエイティブデザインの両方を盛り込み、パラアスリートたちからも高い評価を得ている。金子知史ディレクター編第2回は、「日本財団パラアリーナ」に対する思いを聞いた。

    記事を読む
  • パラのミライS2 パラのミライ金子ディレクター編 VOL.1 パラのミライS2 パラのミライ金子ディレクター編 VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    「パラのミライ」第2弾は日本財団パラリンピックサポートセンター、推進戦略部の金子知史ディレクターが登場。パラサポの立ち上げから関わってきた彼は、いかにしてパラリンピック競技団体の基盤強化を図ろうとしたのか――。

    記事を読む
  • パラのミライ VOL.4 パラのミライ VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    最終回はパラスポーツの発展に尽力する山脇康の言葉をインタビュー形式で掲載する。何故そこまでパラスポーツに惹かれるのか、社会の意識を変えていくために必要なことは何か。言葉からほとばしる情熱をぜひ――。

    記事を読む
  • パラのミライ VOL.3 パラのミライ VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ロンドンでの成功を、東京でも――。国際パラリンピック委員会(IPC)は教材「I’m POSSIBLE」を完成させ、日本版も開発。2017年度から全国の小中高等学校、特別支援学校など約3万6000校に無償配布された。D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)社会実現に向け、子どもたちに対するアプローチに力を入れていく山脇康の思い――。

    記事を読む
  • パラのミライ VOL.2 パラのミライ VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が決定。国際パラリンピック委員会(IPC)理事となった山脇康は2015年に日本財団パラリンピックサポートセンターを設立して「私たちは、スポーツを通じて社会を変えます。~一人ひとりの違いを認め、誰もが活躍できるD&I社会へ~」というビジョンを打ち出すことになる。社会を変えるチャレンジが本格的に始まろうとしていた。

    記事を読む
  • パラのミライ VOL.1 パラのミライ VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    コロナ禍の影響によって2021年夏に延期された東京2020オリンピック・パラリンピック大会。日本におけるパラリンピックの関心は非常に高まり、メディアでも連日のように取り上げられるようになった。大きな役割を果たしているのが日本財団パラリンピックサポートセンター。情熱を傾ける山脇康会長が描く「パラのミライ」とは――

    記事を読む
  • マムシの花道 VOL.5 マムシの花道 VOL.5
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    いよいよ最終回。ガンバ大阪を契約非更新となった小椋祥平は2017年シーズン、ヴァンフォーレ甲府に練習参加から契約を勝ち取る。プライドを捨て、マムシっぷりに磨きを掛けて奮闘していく。そして働きまくった2019年シーズンを最後に、彼が3たび契約非更新となったことでスパイクを脱ぐ決心を固める。これぞマムシの花道――。

    記事を読む
  • マムシの花道 VOL.4 マムシの花道 VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    順調にステップアップしてきたマムシこと小椋祥平。しかし2014年シーズン限りで横浜F・マリノスから契約非更新を通達され、移籍したガンバ大阪では試合に出られない葛藤とも戦わなければならなかった。支えてくれたのが、家族であった。

    記事を読む
  • マムシの花道 VOL.3 マムシの花道 VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    水戸ホーリーホックでの活躍が認められ、横浜F・マリノスに移籍することになった小椋祥平。J2の下位クラブからの移籍は当時まだ一般的とは言えず、周囲から〝なんだお前〟的な目で見られていたという。それでもマムシぶりを発揮して、自分の価値を認めさせていく。

    記事を読む
  • マムシの花道 VOL.2 マムシの花道 VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    東京・修徳高時代は無名の存在だった小椋祥平。J2水戸ホーリーホックへの練習参加から入団して高い守備力を買われて1年目から起用されるようになる。あのジュニーニョに仕事をさせなかったことで「マムシ」の異名は全国区に。『サッカーマガジン』で描いたノンフィクションを再構成して展開する第2回――。

    記事を読む
  • マムシの花道 VOL.1 マムシの花道 VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    人呼んで「マムシの祥平」。狙いを定め、体を寄せ、キバを剥いてボールに食らいつく。小椋祥平は〝略奪系ボランチ〟としてJリーグの世界を生き抜き、2019年シーズン限りで引退した。セカンドキャリアは事業家に転身してトータルリカバリーサロン「Re:room」を立ち上げた。コロナ禍にも食らいつく〝マムシ〟の熱いノンフィション第1回――。

    記事を読む
  • 好きこそものの上手なれ VOL.5 好きこそものの上手なれ VOL.5
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    新型コロナウイルスの影響により昨季は途中でシーズン終了。東京エクセレンスはB3からの再出発を余儀なくされた。現役最年長プレーヤーの宮田諭はそれでもチームのさらなる成長を願い、来年1月に初戦を迎えるシーズンに向けて日々汗を流している。バスケットボールへの情熱は冷めないばかりか、ますます熱を帯びている。

    記事を読む
  • 好きこそものの上手なれ VOL.4 好きこそものの上手なれ VOL.4
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    現役最年長バスケット選手、宮田諭はJBLの有力チーム、トヨタ自動車アルバルクを離れ、再びクラブチームでプレーするようになった。しかし、ひょんなことからプロ選手への道が開けると、ここぞとばかりに我が道を突き進んでいくことになる。

    記事を読む
  • 好きこそものの上手なれ VOL.3 好きこそものの上手なれ VOL.3
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    バスケットボールBリーグ、東京エクセレンスでGM兼プレイヤーを務める宮田諭はBリーグ最年長、42歳のバスケットボール選手である。しかしそのキャリアは学生時代から大いに光り輝いていたわけではなかった。

    記事を読む
  • 好きこそものの上手なれ VOL.2 好きこそものの上手なれ VOL.2
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    東京に本拠地を置くバスケットボールBリーグの東京エクセレンスは2019─20年シーズンを不本意な形で終えた。新型コロナウイルスの影響によりリーグ戦は3月半ばに中止が決定。エクセレンスのGM兼プレーヤー、宮田諭は状況がめまぐるしく変化する中で葛藤し、ウイルスという見えない敵と闘っていた。

    記事を読む
  • 好きこそものの上手なれ VOL.1 好きこそものの上手なれ VOL.1
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    バスケットボールBリーグ、B3に所属する東京エクセレンスのGM(ゼネラルマネジャー)、宮田諭は御年42歳でありながら現役バリバリのプレーヤーでもある。2012年のチーム発足からエクセレンスに携わり、泣いて、笑って早8年。いまだ無心にバスケットボールを追いかける“永遠のバスケ小僧”の物語─。

    記事を読む
  • 考えるフェンサー VOL.4 考えるフェンサー VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    休養期間を経て再び充実期に入っていく「考えるフェンサー」。東京オリンピックを目指して結果を出していくなかで、新型コロナウイルスの影響で延期が決まり、競技もストップする。「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員アルバイトを始めたのも、すべては「東京」で勝つため――。

    記事を読む
  • 考えるフェンサー VOL.3 考えるフェンサー VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    フェンシングを追求する三宅諒は己のスタイルを「無色透明」と表現する。ポリシーに「空気を読むと負ける」がある。一つひとつに独特の表現があり、そこには彼の哲学が詰まっている。フェンシングと向き合い、己を高めていく彼にも勝てない時期がやってくる。

    記事を読む
  • 考えるフェンサー VOL.2 考えるフェンサー VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    21歳で出場したロンドンオリンピック。個人戦は初戦敗退に終わり、団体戦へと向かう。今ひとつ調子が上がっていかない三宅諒は、ある人の言葉によって〝やるべきこと〟が明確になる。中国に勝ち、強敵ドイツとの準決勝で三宅は勝負強さを発揮する――。

    記事を読む
  • 考えるフェンサー VOL.1 考えるフェンサー VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    フードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員アルバイトを始めたことで世間の注目を集めているフェンサー(フェンシング選手)三宅諒、29歳。2012年のロンドンオリンピック男子フルーレ団体で銀メダルを獲得し、長年にわたって日本フェンシング界を引っ張っている。常に思考する「考えるフェンサー」の第1回は、彼の原点をたどる。

    記事を読む
  • 突破の人 VOL.4 突破の人 VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    フランスから帰国してからも齊藤祐也のチャレンジは続く。それは35歳で引退してからも変わらない。スポーツから離れた仕事を模索しながらも、あるきっかけからスポーツに引き戻される。子供たちを教えていくことで仕事に対する喜びをつかんでいく、「突破の人」の熱い使命感――。

    記事を読む
  • 突破の人 VOL.3 突破の人 VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    社会人ラグビーの強豪・サントリーに入団した齊藤祐也はルーキーイヤーから活躍。ステップアップしていくなかで、次の行動を起こすことになる。それは〝シャンパンラグビー〟で知られるフランスリーグへの挑戦。ナメられたと感じれば、闘志に火がつく――。

    記事を読む
  • 突破の人 VOL.2 突破の人 VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    東京高でラグビーを始めた齊藤祐也は、高校日本代表に選ばれるなどその才を伸ばしていく。進学先に選んだのは明治大学。自由だった高校生活とは真逆と言っていいほどの部の厳しい世界に飛び込み、部を背負って立つ存在になっていく。

    記事を読む
  • 突破の人 VOL.1 突破の人 VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ラグビー元日本代表、齊藤祐也。彼はいつも己の信念を胸に行動を起こしてきた。大学のときも、社会人のときも、そしてフランスに挑戦するときも。それは引退してからも変わらない。自分の経験に基づいたスポーツ教室を立ち上げ、最近はYou Tuberの顔もある。こうと決めたら、前へ進んでぶつかっていく。「突破の人」、その信念――。

    記事を読む
  • 西メシ! VOL.4 西メシ! VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    子供たちに人気のある料理と言えば、カレーライス、ハンバーグは上位に入ってくるに違いない。実はサッカー日本代表でも定番の人気メニュー。最終回はサッカー日本代表専属シェフを務める西芳照さんがつくる愛情たっぷりカレーライス、ハンバーグと日本代表にまつわる物語――。

    記事を読む
  • 西メシ! VOL.3 西メシ! VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    サッカー日本代表専属シェフの西芳照さんにとって3度目のワールドカップになったのが2014年のブラジル大会だ。南米のブラジルは日本の裏側に位置する遠い国。長期の遠征となってくれば、選手も馴染みのある食べ物が恋しくなる。選手から絶賛された料理のなかには、意外なものも――。 

    記事を読む
  • 西メシ! VOL.2 西メシ! VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    2010年の南アフリカワールドカップ。サッカー日本代表専属シェフとして知られる西芳照さんはベスト16まで躍進したチームを食事で支えることになる。ご飯の炊き方一つまでこだわるなど、選手にありったけの愛情を注ぐ。初戦のカメルーン戦に向けて、顔が青ざめてしまうようなハプニングも発生するが……。

    記事を読む
  • 西メシ! VOL.1 西メシ! VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    サッカー日本代表専属シェフとして知られる西芳照さん。ワールドカップには2006年ドイツから2018年ロシアまで4大会連続で日本代表に同行。食の衛生管理を第一に、温かい食事、栄養ある食事、美味しくなる環境をモットーに、選手たちを料理で支えてきた。現在も専属シェフの任を続けながら、今シーズンからJFLに参戦するいわきFCで選手たちの食事を担当している。西さんの料理はなぜ選手、スタッフに喜ばれるのか。絶対に負けられないキッチンでの戦いに迫る――。

    記事を読む
  • 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.4 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.4
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    36歳の八重樫東は2019年12月23日、横浜アリーナのリングに上がった。試合の結果、内容いかんによってはこれが“ラストファイト”になる可能性もあった。本人の思いは別にしても、ファンは少なくともそう感じていた。運命のコングが横浜の夜に鳴り響いた─。

    記事を読む
  • 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.3 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.3
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    2012年6月の井岡一翔戦、2014年9月のローマン・ゴンサレス戦は、八重樫のキャリアを語る上で欠かせない試合だ。いずれも敗れた試合でありながら、八重樫はファンのハートをこれでもかと惹きつけることになった。

    記事を読む
  • 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.2 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.2
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ボクシングの世界3階級制覇王者、八重樫東はキャリア初期から熱いファイトでファンを魅了していたわけではない。不甲斐ない敗北、度重なるけが、一度はジムの会長から引退を勧告されたこともあった。八重樫はこれらの苦難を一つずつ乗り越え、徐々にボクサーとして頭角を現していった。

    記事を読む
  • 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.1 激闘王も追いかけて 八重樫東の闘い VOL.1
    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集長

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    記録よりも記憶に残るボクサー、それが八重樫東だ。挑戦、失敗、挫折、カムバック…。数々の試練を乗り越えてきた男は、気が付けばそのファイトスタイルから“激闘王”と呼ばれるようになった。闘い続ける男の物語─。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 PLUS.2 激拳譜 村田諒太の軌跡 PLUS.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    飛ばし気味にスタートを入ってきたスティーブン・バトラーに対して王者・村田諒太は徐々に「制御」を解除していく。3ラウンド目に入り、村田は攻勢を強めていくことに。感情の放置の先に待っていたのは――。村田は「リアル」を証明できたのか――。書き下ろし、全2回の後編。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 PLUS.1 激拳譜 村田諒太の軌跡 PLUS.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    村田諒太のプロデビュー戦からロブ・ブラントにリベンジするまでの物語は「激拳譜」に記した。今回PLUSとして描いたのは2019年12月23日、横浜アリーナで開催された初防衛戦。WBO1位にもランクされたカナダのスティーブン・バトラーが相手だ。過去において掲載した作品を再編集した「Back Number」ではなく、初出し記事でどうぞ!

    記事を読む
  • ボートを極めろ! VOL.3 ボートを極めろ! VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    健在ぶりを示す「中年の星」。そこには家族の支え、そして家族への感謝があった。東京五輪へのチャレンジが一区切りついた今、彼はどこに新たな目標を置くのか。ボートを極める武田大作の飽くなきチャレンジは続く。

    記事を読む
  • ボートを極めろ! VOL.2 ボートを極めろ! VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    東京五輪出場を目指す武田大作は、かつて栄光をつかんだスイス・ルツェルンに足を運んだ。「一人のボートファン」としてワールドカップを視察するため。この学びの姿勢こそが、彼を強くした。思い出の地で彼は何を感じ取ったのか――。

    記事を読む
  • ボートを極めろ! VOL.1 ボートを極めろ! VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    46歳のアスリート、武田大作はボート界の鉄人である。アトランタ五輪からロンドン五輪まで5大会連続で出場。東京五輪出場を目指してきたが、2月のエルゴメータートライアルで基準タイムを突破できず、先のステップに進めなかった。しかし彼に「現役引退」という選択肢はない。なぜ彼は艇から降りようとしないのか――。

    記事を読む
  • WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.4 WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    リーグ優勝を懸けての大一番。細貝萌はブリーラム・ユナイテッドのリーグ3連覇を成し遂げるべく、気合いを入れて臨んだ。後半早々にチームは待望の先制点を奪い、試合は終盤に入っていく。体調不良から始まった2019年シーズン。どんなフィナーレを迎え、そして彼は何を思い、何を感じたのか――。

    記事を読む
  • WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.3 WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    タイで新しいスタートを切った細貝萌。3月10日の第3節プラチュワップ戦でベンチ入りして後半途中にデビューを果たすと、翌週のアウェー、バンコク・ユナイテッド戦では先発して勝利に貢献する。チームの中心を担っていくなかで、タイ特有とも言える高温多湿の環境が彼の前に立ちはだかる。

    記事を読む
  • WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.2 WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    2019年、タイの強豪ブリーラム・ユナイテッドに完全移籍した細貝萌は予期せぬ「体調不良」で大幅に出遅れることになった。しかし懸命な調整によって、早期デビューを可能とするところまで持っていく。そしてついにタイデビューの日がやってきた。

    記事を読む
  • WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.1 WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司ら北京五輪世代の一人、細貝萌は順風のサッカー人生を送ってきたわけではない。信念を持って「曲がりくねった道」を歩んできた。それはまさに今回も。柏レイソルでの2シーズンを終え、2019年に再び海外を目指すことになった。新天地はタイ。強豪ブリーラム・ユナイテッドの移籍が決まったのに、予期せぬ事態が待ち受けていた。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.7 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.7
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    ベルトを失ったときの村田諒太ではないことは一目瞭然だった。2019年7月12日、エディオンアリーナ大阪で行なわれたWBA世界ミドル級タイトルマッチ。立ち上がり、前に出てきた王者ロブ・ブラント(アメリカ)の戦法に面食らいながらも冷静に対処した。リベンジの期待感が高まるなか、第2ラウンドが始まった。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.6 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.6
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    あの悪夢から9カ月――。WBA世界ミドル級王者・村田諒太は2018年10月、ボクシングの聖地であるラスベガスに赴き、指名挑戦者ロブ・ブラント(アメリカ)のスピードに翻ろうされて0-3判定負けでベルトを失った。一時は引退も考えるなか、現役続行を決断。「負けたら引退」を胸に、運命の再戦に臨んだ。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.5 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.5
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    アッサン・エンダムとのダイレクトリマッチを制して、WBA世界ミドル級王者となった村田諒太。2018年4月、イタリアのエマヌエーレ・ブランダムラと初防衛戦を行なうことになった。人知れぬ苦悩との戦いを経て、彼は横浜アリーナのリングに向かった――。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.4 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    不可解な判定負けから5カ月後。WBA世界ミドル級王者となったアッサン・エンダム(フランス)とのダイレクトリマッチ。高まる周囲の期待を感じるとともに、2度目の失敗は許されないというプレッシャーが重くのしかかるなか、チャレンジャー村田諒太は再び世界タイトルマッチのリングへと向かう――。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.3 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集者

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    2017年5月20日、東京・有明コロシアム。プロデビューから4年を経て、ロンドンオリンピック金メダリストはついに世界挑戦の舞台に立った。タフで鳴る元世界王者アッサン・エンダム(フランス)とのWBA世界ミドル級王座決定戦。4回にダウンを奪うなど主導権を握りながらも、1-2判定負けに終わった。雑誌「Number」に掲載したインタビューを再構成してお届けいたします。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.2 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集者