SPOAL

Business
15記事
  • 新着順
  • 人気順
  • Olympian Businessman VOL.4 Olympian Businessman VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    世界的なコンサルティング企業であるフライシュマン・ヒラード日本法人のシニアコンサルタントをベースに、活動の幅を広げていく。「GAP」認証の食材を活用したレストラン「グランイート銀座」取締役&ファウンダーにも就任した。ここにはどのような思いがあったのか。池田信太郎が思い描く自分の、そして社会の未来――。

    記事を読む
  • Olympian Businessman VOL.3 Olympian Businessman VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    現役を引退してビジネスの世界に飛び込んでいく池田信太郎の新章。一人の人間として勝負するために、自分を見つめ直して何が必要かを考える。そして最初についた肩書きは東京オリンピック・パラリンピック組織委員会アスリート委員会のアスリート委員であった――。

    記事を読む
  • Olympian Businessman VOL.2 Olympian Businessman VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    競技者としては遅咲きだった池田信太郎。考えるクセを身につけ、メキメキと頭角を現していった。初めて出場した北京オリンピックでは結果を残せなかったものの、現状に甘んじることなく自己革新を起こしていくことでアスリートとして、人間として成長を遂げていくようになる。

    記事を読む
  • Olympian Businessman VOL.1 Olympian Businessman VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    桃田賢斗の登場によって日本男子バドミントン界が一気に活気づく前、その礎を築いた一人の男がいた。池田信太郎――。男子ダブルスで世界選手権初のメダルを獲得し、オリンピックには北京、ロンドンと2大会連続で出場した。潮田玲子との「イケシオ」は大きなトピックにもなった。そんな彼は引退後、ビジネスマンとして多くの肩書きを持ち、バリバリと仕事をこなしている。競技への情熱をビジネスの情熱へとシンクロさせた「Olympian Businessman」の物語――。

    記事を読む
  • ボクシング経営浪漫 PLUS.2 ボクシング経営浪漫 PLUS.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    いよいよゴングが鳴る。岩佐亮介の相手はフィリピンのマーロン・タパレス。いかに攻略していくか、岩佐亮佑はメイントレーナーのセレス小林こと小林昭司会長とともに準備してきたプランを実行に移す。3ラウンドにダウンを奪いながらも、タパレスのカウンターは脅威。そしてついに――。

    記事を読む
  • ボクシング経営浪漫 PLUS.1 ボクシング経営浪漫 PLUS.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    元WBA世界スーパーフライ級王者・セレス小林の「ボクシングジム経営浪漫」特別編。2019年12月、愛弟子の岩佐亮佑がアメリカ・ニューヨークでのIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦に臨もうとしていた。負けたら最後のラストチャンス。王座返り咲きを果たすべく、彼らは決戦の地に降り立った。

    記事を読む
  • ボクシング経営浪漫 VOL.4 ボクシング経営浪漫 VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    セレス小林のボクシングジム経営物語、最終回。ついに愛弟子・岩佐亮佑の世界初挑戦が決定したものの、ほろ苦い結果に終わってしまう。そのとき伝えた師匠の言葉とは。世界チャンピオンになる夢をあきらめなかった小林の人生訓とは――。

    記事を読む
  • ボクシング経営浪漫 VOL.3 ボクシング経営浪漫 VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    セレスボクシングスポーツジムにも降りかかった「リーマン・ショック」余波。〝行動の人〟小林昭司会長は危機をどう乗り越えようとしたのか。一方、リングに目を向けると岩佐亮佑がジムの出世頭となっていく。

    記事を読む
  • ボクシング経営浪漫 VOL.2 ボクシング経営浪漫 VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ボクシングジムの経営をスタートさせた元世界チャンピオン、セレス小林。将来のチャンピオンをつくるため、トレーナー業にも力を入れていく。営業もトレーナーも事務仕事も。新米ジム経営者は、まさに体当たりで仕事にぶつかっていく。

    記事を読む
  • ボクシング経営浪漫 VOL.1 ボクシング経営浪漫 VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    村田諒太が所属するのは帝拳ジム、井上尚弥は大橋ジム……。ボクサーを育てていくボクシングジムって一体どんなところなの? 意外に知られているようで知られていないジムの経営。大変だけど、浪漫を持って。その魅力をセレスボクシングスポーツジム、小林昭司の生き様を通じて見ていきたい。第1回は設立までの苦労を描きます。

    記事を読む
  • ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.1 ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.1
    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ラグビーワールドカップ2019日本大会 が9月20日から11月2日にかけて全国12都市で開催される。組織委員会で働く寺廻健太は早稲田大などで活躍した元トップ選手。日本が南アフリカを下した2015年大会の大金星に刺激を受け、サラリーマンを辞めて組織委員会に飛び込んだ。

    記事を読む
  • ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.2 ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.2
    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ラグビーワールドカップ2019組織委員会で働く寺廻健太はラグビーの普及、楕円球の魅力を世に伝えるレガシー局というセクションに身を置いている。「一生に一度」と銘打たれたビッグイベント開催を機に、ラグビーをこよなく愛する人々が列島の隅々までラグビー熱を届けようとしている。

    記事を読む
  • ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.3 ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.3
    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ラグビーワールドカップ2019日本大会が1万2000人を超えるボランティアによって支えられることをご存知だろうか。いまやビッグスポーツイベントになくてはならないボランティアを、組織委員会という立場でマネジメントするのが神野幹也だ。大会が目指す新たなスポーツ・ボランティア像とは何か─。

    記事を読む
  • ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.4 ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.4
    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ラグビーワールドカップ2019組織委員会は大会が終われば解散する期間限定の組織である。ボランティア業務を担当する神野幹也は町田市役所職員。東日本大震災後の被災地で1年半の単身赴任生活を送ったこともある。彼はなぜ安定した公務員という職を辞し、組織委員会に身を投じたのだろうか。

    記事を読む
  • ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.5 ONCE IN A LIFETIME 3人の勇者の物語 VOL.5
    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    渋谷淳

    SPOAL編集者

    渋谷淳

    近藤俊哉

    SPOALカメラマン

    近藤俊哉

    ラグビーワールドカップのスタジアムを満員の観衆で埋めたい─。大内悠資はそんな熱い情熱を持って組織委員会で職を得た。ビッグイベントだからといってあらゆるチケットが飛ぶように売れるかといえばそうではない。大会成功のカギを握るチケッティング業務はなかなか奥が深いのだ。

    記事を読む