SPOAL

Entertainment
Amateur F1 Review VOL.1
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

2020年F1グランプリ開幕戦。オーストリアGPの勝者は!?今年の勢力図が一変!?2020年を占う開幕戦と第二戦のレビューをお届けします。

記事を読む 記事を読む
Fashion
恋するスニーカー Season3 VOL.1
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

これまでのファッション記事で取り上げきたスニーカー、その多くがNIKEでした。そこで今回の『恋するスニーカー』では我らが日本を代表するメーカーのasics(アシックス)にフォーカス!皆さんのイメージとは少し異なるアシックスの魅力、存分に伝えていきたいと思います。レッツフォーリンラブ!

記事を読む 記事を読む
Discussion
超レア様に会ってきた! VOL.1
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

温めてきた企画、ついに始まります。スポーツにかかわる「超レア様」のもとへ編集長自ら会いに行き、写真を撮り、サシでその方の半生をじっくりと聞いてきます。いつか某番組に取り上げられる人が出てくるかもしれません。記念すべき第1回は元ボクサーで写心家の山口裕朗さんです。

記事を読む 記事を読む

New Arrival

すべて見る
Entertainment
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

第一戦、第二戦と同じコースで戦ったドライバー達は、第三戦の舞台に降り立ちました。そこは様々な世界遺産が街中に残るハンガリー。私も一度は行ってみたいものです。

記事を読む
Entertainment
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

2020年F1グランプリ開幕戦。オーストリアGPの勝者は!?今年の勢力図が一変!?2020年を占う開幕戦と第二戦のレビューをお届けします。

記事を読む
Fashion
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

アシックスをファッションとしてとことん愉しむ、そんな想いで書いてきた『恋するスニーカー』。最終話では、実際に様々なモデルを履いたコーディネートをご紹介します。服に合わせたり、色を敢えて外したり、モデルの数だけ組み合わせは無限大。この夏は、アシックスでキメちゃうのもアリですよ!

記事を読む
Fashion
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

今年も既に数々のモデルが発売されてきましたが、これまでもたくさんの素敵なデザインがつくられてきました。第2話ではちょっとタイムスリップして、過去のコラボレーションモデルの紹介からファッションとしてのアシックスの魅力に迫っていきたいと思います。

記事を読む
Fashion
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

これまでのファッション記事で取り上げきたスニーカー、その多くがNIKEでした。そこで今回の『恋するスニーカー』では我らが日本を代表するメーカーのasics(アシックス)にフォーカス!皆さんのイメージとは少し異なるアシックスの魅力、存分に伝えていきたいと思います。レッツフォーリンラブ!

記事を読む
From SPOAL
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

「ファミコンの日」にちなんだ「マニアック モノガタリ」。ファミコン世代の海馬の奥底に電流は走り、記憶は蘇ったでしょうか?世代じゃない方少々お待ちを。段々と現在のゲームに近づいていく予定です。せっかくなので、もうちょっとだけファミコン話をーーー。

記事を読む
Entertainment
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

バース、掛布、岡田、のバックスクリーン3連発は1985年。野球人気の絶好調はファミコン界でも同じです。前回は発売総数を見てみましたが、今回の#05では、当時の時代背景を踏まえて、後のゲーム機本体の流れなども掘り下げてみましょう。

記事を読む
Discussion
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

対談もいよいよ最終回に。ボクシングをやめて写心家となった山口裕朗さん。人、風景、生活、そして心を切り取る人はボクシングの撮影のみならず、レスリング、マタギ、ニューヨークと活動を広げていきます。山口さん、あなたの生き方、やっぱり「超レア」でした!

記事を読む
Discussion
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

元プロボクサーで写心家の山口裕朗さんとの対談、第3回。チャンピオンを目指しながらも3連敗を喫して「これからどうしていくべきか」と悩み、彼は自転車で旅に出ます。美しい有明海を眺めていくうちに次なる道が……。やっぱり岐路に立たされたときには旅って大事なんですね。

記事を読む
Discussion
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

元プロボクサーで写心家の山口裕朗さんの半生を対談形式で振り返っていくこの企画。第2回はプロデビューから東日本新人王トーナメント、メキシコ武者修行、そして日本ランカーとの対戦と続いていきます。ツテもないのに向かったメキシコではちょっとした奇跡が起こるんです。

記事を読む
Prev
Next
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

休養期間を経て再び充実期に入っていく「考えるフェンサー」。東京オリンピックを目指して結果を出していくなかで、新型コロナウイルスの影響で延期が決まり、競技もストップする。「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員アルバイトを始めたのも、すべては「東京」で勝つため――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

フェンシングを追求する三宅諒は己のスタイルを「無色透明」と表現する。ポリシーに「空気を読むと負ける」がある。一つひとつに独特の表現があり、そこには彼の哲学が詰まっている。フェンシングと向き合い、己を高めていく彼にも勝てない時期がやってくる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

21歳で出場したロンドンオリンピック。個人戦は初戦敗退に終わり、団体戦へと向かう。今ひとつ調子が上がっていかない三宅諒は、ある人の言葉によって〝やるべきこと〟が明確になる。中国に勝ち、強敵ドイツとの準決勝で三宅は勝負強さを発揮する――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

フードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員アルバイトを始めたことで世間の注目を集めているフェンサー(フェンシング選手)三宅諒、29歳。2012年のロンドンオリンピック男子フルーレ団体で銀メダルを獲得し、長年にわたって日本フェンシング界を引っ張っている。常に思考する「考えるフェンサー」の第1回は、彼の原点をたどる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

フランスから帰国してからも齊藤祐也のチャレンジは続く。それは35歳で引退してからも変わらない。スポーツから離れた仕事を模索しながらも、あるきっかけからスポーツに引き戻される。子供たちを教えていくことで仕事に対する喜びをつかんでいく、「突破の人」の熱い使命感――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

社会人ラグビーの強豪・サントリーに入団した齊藤祐也はルーキーイヤーから活躍。ステップアップしていくなかで、次の行動を起こすことになる。それは〝シャンパンラグビー〟で知られるフランスリーグへの挑戦。ナメられたと感じれば、闘志に火がつく――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

東京高でラグビーを始めた齊藤祐也は、高校日本代表に選ばれるなどその才を伸ばしていく。進学先に選んだのは明治大学。自由だった高校生活とは真逆と言っていいほどの部の厳しい世界に飛び込み、部を背負って立つ存在になっていく。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ラグビー元日本代表、齊藤祐也。彼はいつも己の信念を胸に行動を起こしてきた。大学のときも、社会人のときも、そしてフランスに挑戦するときも。それは引退してからも変わらない。自分の経験に基づいたスポーツ教室を立ち上げ、最近はYou Tuberの顔もある。こうと決めたら、前へ進んでぶつかっていく。「突破の人」、その信念――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

36歳の八重樫東は2019年12月23日、横浜アリーナのリングに上がった。試合の結果、内容いかんによってはこれが“ラストファイト”になる可能性もあった。本人の思いは別にしても、ファンは少なくともそう感じていた。運命のコングが横浜の夜に鳴り響いた─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2012年6月の井岡一翔戦、2014年9月のローマン・ゴンサレス戦は、八重樫のキャリアを語る上で欠かせない試合だ。いずれも敗れた試合でありながら、八重樫はファンのハートをこれでもかと惹きつけることになった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ボクシングの世界3階級制覇王者、八重樫東はキャリア初期から熱いファイトでファンを魅了していたわけではない。不甲斐ない敗北、度重なるけが、一度はジムの会長から引退を勧告されたこともあった。八重樫はこれらの苦難を一つずつ乗り越え、徐々にボクサーとして頭角を現していった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記録よりも記憶に残るボクサー、それが八重樫東だ。挑戦、失敗、挫折、カムバック…。数々の試練を乗り越えてきた男は、気が付けばそのファイトスタイルから“激闘王”と呼ばれるようになった。闘い続ける男の物語─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

飛ばし気味にスタートを入ってきたスティーブン・バトラーに対して王者・村田諒太は徐々に「制御」を解除していく。3ラウンド目に入り、村田は攻勢を強めていくことに。感情の放置の先に待っていたのは――。村田は「リアル」を証明できたのか――。書き下ろし、全2回の後編。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

村田諒太のプロデビュー戦からロブ・ブラントにリベンジするまでの物語は「激拳譜」に記した。今回PLUSとして描いたのは2019年12月23日、横浜アリーナで開催された初防衛戦。WBO1位にもランクされたカナダのスティーブン・バトラーが相手だ。過去において掲載した作品を再編集した「Back Number」ではなく、初出し記事でどうぞ!

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

健在ぶりを示す「中年の星」。そこには家族の支え、そして家族への感謝があった。東京五輪へのチャレンジが一区切りついた今、彼はどこに新たな目標を置くのか。ボートを極める武田大作の飽くなきチャレンジは続く。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

東京五輪出場を目指す武田大作は、かつて栄光をつかんだスイス・ルツェルンに足を運んだ。「一人のボートファン」としてワールドカップを視察するため。この学びの姿勢こそが、彼を強くした。思い出の地で彼は何を感じ取ったのか――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

46歳のアスリート、武田大作はボート界の鉄人である。アトランタ五輪からロンドン五輪まで5大会連続で出場。東京五輪出場を目指してきたが、2月のエルゴメータートライアルで基準タイムを突破できず、先のステップに進めなかった。しかし彼に「現役引退」という選択肢はない。なぜ彼は艇から降りようとしないのか――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

リーグ優勝を懸けての大一番。細貝萌はブリーラム・ユナイテッドのリーグ3連覇を成し遂げるべく、気合いを入れて臨んだ。後半早々にチームは待望の先制点を奪い、試合は終盤に入っていく。体調不良から始まった2019年シーズン。どんなフィナーレを迎え、そして彼は何を思い、何を感じたのか――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

タイで新しいスタートを切った細貝萌。3月10日の第3節プラチュワップ戦でベンチ入りして後半途中にデビューを果たすと、翌週のアウェー、バンコク・ユナイテッド戦では先発して勝利に貢献する。チームの中心を担っていくなかで、タイ特有とも言える高温多湿の環境が彼の前に立ちはだかる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

2019年、タイの強豪ブリーラム・ユナイテッドに完全移籍した細貝萌は予期せぬ「体調不良」で大幅に出遅れることになった。しかし懸命な調整によって、早期デビューを可能とするところまで持っていく。そしてついにタイデビューの日がやってきた。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む

Discussion

すべて見る
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

対談もいよいよ最終回に。ボクシングをやめて写心家となった山口裕朗さん。人、風景、生活、そして心を切り取る人はボクシングの撮影のみならず、レスリング、マタギ、ニューヨークと活動を広げていきます。山口さん、あなたの生き方、やっぱり「超レア」でした!

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

元プロボクサーで写心家の山口裕朗さんとの対談、第3回。チャンピオンを目指しながらも3連敗を喫して「これからどうしていくべきか」と悩み、彼は自転車で旅に出ます。美しい有明海を眺めていくうちに次なる道が……。やっぱり岐路に立たされたときには旅って大事なんですね。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

元プロボクサーで写心家の山口裕朗さんの半生を対談形式で振り返っていくこの企画。第2回はプロデビューから東日本新人王トーナメント、メキシコ武者修行、そして日本ランカーとの対戦と続いていきます。ツテもないのに向かったメキシコではちょっとした奇跡が起こるんです。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

温めてきた企画、ついに始まります。スポーツにかかわる「超レア様」のもとへ編集長自ら会いに行き、写真を撮り、サシでその方の半生をじっくりと聞いてきます。いつか某番組に取り上げられる人が出てくるかもしれません。記念すべき第1回は元ボクサーで写心家の山口裕朗さんです。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

Number編集部Tさんへのインタビュー第2回。大学を卒業後、編集者になって数カ月でのちに伝説となる表紙を実現させた経緯を語ってくれています。Numberの魅力と、受け継がれる伝統。話はまだまだ尽きません!

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

「Numberと写真」の次はNumber編集部のTさんにご登場いただき、リモートインタビューを実施いたしました。創刊40周年記念号となった1001号の日本サッカー特集がどのようにつくられたのか。私、SPOAL編集長の二宮が気になったところを聞いていきたいと思います。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

創刊40周年を迎えた総合スポーツ雑誌「Sports Graphic Number」。同誌で写真作品を発表しているSPOALカメラマンの近藤俊哉、高須力の両氏とともに「Numberと写真」をテーマに語る第2回です。〝勝負師〟の表情をどう切り取っていくか、に話は及んでいきます。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

日本で初めての総合スポーツ雑誌「Sports Graphic Number」は1980年4月に創刊し、今年で40周年を迎えました。スポーツを〝深掘り〟してアスリートの内側を描き、かつ写真とデザインも一体となったスタイルはスポーツファンのバイブルであり続けています。私、SPOAL編集長の二宮もNumber編集部出身。第1、2回は同誌で写真作品を発表しているSPOALカメラマンの近藤俊哉、高須力の両氏とともに「Numberと写真」をテーマにリモートによる座談会を実施します。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

WBC世界ライト・フライ級王者、寺地拳四朗と世界的ボクシングカメラマン、福田直樹さんの対談は練習の中身にまで及んで終わりが見えない。アメリカで16年間写真を撮り続けた福田さんは拳四朗選手のアメリカ進出を夢見るが…。拳四朗の今後に大きな期待を抱く最終回。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ボクシング世界王者の寺地拳四朗と世界ナンバーワンのボクシングカメラマン、福田直樹さんによる達人対談の第4弾。大いに技術論をかわした2人は徐々に拳四朗の人柄、精神的な強さに話を広げていった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

WBC世界ライト・フライ級王者の寺地拳四朗と、全米ボクシング記者協会の年間最優秀写真賞に4度輝いた福田直樹さんによる“達人対談”の第3弾。福田さんの興味はさらに深みに届き、拳四朗のボクシング哲学と絶対的な自信が明らかに。拳四朗を表現するSOLID(ソリッド)の意味とは─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

“童顔の暗殺者”ともいうべきWBC世界ライト・フライ級王者、寺地拳四朗の強さの秘密とは何なのか? リングサイドで拳四朗を撮り続けるカメラマンの福田直樹さんの分析は、拳四朗の生命線であるフットワークやジャブに切り込んでいった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

WBC世界ライト・フライ級チャンピオンの寺地拳四朗は何とも不思議なボクシングの世界王者だ。お世辞にも強そうには見えないのに、防衛回数は日本人現役選手最多の7度。そのすごさが理解されていないのはなんとも惜しい! そこでご登場願ったのが世界的ボクシングカメラマンの福田直樹さん。2人の“達人対談”でとっておきの実力者、拳四朗の強さに迫った。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

スポーツカメラマンが何を考え、何に狙いを定めて写真を撮っているのかを伝えてきた座談会も今回で最終回。撮影環境、機材の進化に対応しながらスポーツの現場でシャッターを切り続けてきた3氏が語る「スポーツカメラマンの醍醐味」とは。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

カメラマンにとって最も重要な仕事道具は言うまでもなくカメラである。フィルムからデジタルに移行して15年ほど、カメラはさらなる進化を遂げてきた。もはや素人でもプロ並みの写真が撮れると言われる時代に求められる“プロフェッショナル”とは何なのか。座談会第6回は骨太なテーマに迫った。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

座談会に登場のカメラマン3氏は海外での撮影経験も豊富だ。基本的に写真を撮ることは変わらずとも、やはり海外に出ると日本とは違った“撮影事情”に出くわすことが多い。座談会第5回はスポーツカメラマンの海外奮戦記─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

どんなに腕のいいカメラマンでも被写体に思い通りの表情を作らせることはできないし、ましてや目の前でスーパープレーを決めさせたり、競技に手を加えることはできない。カメラマン3氏によるトークはさらに熱を帯びてきた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

海外で苦労をしたり、大物の撮影で冷や汗をかいたり、時には大事なカメラを盗まれてしまったり……。かっこよく見えるスポーツカメラマンの仕事はでき上った写真の美しさと裏腹に、ハードは現場の連続だ。座談会第3弾はカメラマン3氏が実際に体験したことを語ってくれた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

気鋭のスポーツカメラマンが思う存分に語り合う座談会の2回目。彼らはどのようにして写真を撮る“目”を養ったのだろうか。スポーツカメラマンになるまでの意外なキャリアも明らかにされ、トークはますます熱を帯びてきた─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

ファインダー越しにスポーツを見つめ、一瞬でスポーツの織り成す物語を切り取る。それがスポーツカメラマンだ。彼らは一体何を考え、どんな準備をして、スポーツの現場で戦っているのだろうか。気鋭のスポーツカメラマン3氏による座談会。第1回は全米ボクシング記者協会の年間最優秀賞に4度も輝いた福田直樹さんに大いに語ってもらった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む

Business

すべて見る
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

日本ボクシング史に偉大な足跡を残した山中慎介はルイス・ネリに2回TKO負けしてグローブを壁に吊るした。マネジャーの大徳義幸は“神の左”山中の選手生活を最後まで見届け、これに燃え尽きることなく、新たな道を歩み始めている。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

プロボクシングのWBC世界バンタム級チャンピオン、山中慎介は日本歴代2位となる12度の世界タイトル防衛記録を達成し、その名をボクシング史に刻んだ。マネジャーとして防衛ロードをサポートしたマネジメント会社「コモンズ2」の大徳義幸は山中の栄光と苦悩を最も近い距離で見守ることになった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

“マネジャー”大徳義幸はロンドン五輪フェンシング銀メダリストの三宅諒、プロボクシングのWBC世界バンタム級V12王者の山中慎介さん、プロボクシング現役世界王者の寺地拳四朗のマネジャーを務めているが、この仕事についたのは30歳をすぎてからだ。マネジャーとして独り立ちするまでは苦労の連続だった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

株式会社コモンズ2の大徳義幸はスポーツ選手のマネジャーだ。プロボクシングの元WBC世界バンタム級王者、現在は引退して解説者などとして活躍する山中慎介さんをサポートし、現役ではロンドン五輪フェンシング銀メダリストの三宅諒、さらにはプロボクシング現役世界王者、寺地拳四朗をマネジメントしている。アスリートとともに闘うマネジャーの物語─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

鈴木が株式会社ERUTLUC(エルトラック)を設立して20年近くがたった。この間に社会環境、スポーツの置かれた状況は大きな変化を遂げた。今後もAIなどテクノロジーの発展は著しく、だからこそスポーツのはたす役割が大事になると鈴木は感じている。気鋭の指導者は新たな10年を見据えた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

鈴木は株式会社ERUTLUC(エルトラック)を設立し、ジュニアの指導に本格的に取り組み始めた。スポーツの指導において最も大切なのはパッションだ。鈴木はその情熱をいかにビジネスに反映させ、事業を成立させたのだろうか。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ジュニア世代の指導で評判を上げ、日本代表スタッフに入るという日本でも珍しい経験を積んだ鈴木良和が指導者人生をスタートさせたのは大学院生のときだ。“バスケットボールの家庭教師”はいかにして誕生したのか─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

日本と世界では自分たちで課題を解決する能力に差がある─。2019年のバスケットボールワールドカップに参加した鈴木良和は指導者の立場からそう感じた。日本人選手と外国人選手の違いはどういうところから生まれるのだろうか。鈴木はその要因を育成年代に求めた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

バスケットボールの家庭教師─。そう名乗ったのは18年前のことだった。指導者を志していた大学院生は草の根的にバスケットボールの指導を始め、その輪は年々広がり続け、今では日本代表チームのサポートコーチを務めるまでになった。指導の現場から日本の新たなスポーツ文化を育もうとしている熱血コーチ、鈴木良和(40)の指導論に迫る。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

世界的なコンサルティング企業であるフライシュマン・ヒラード日本法人のシニアコンサルタントをベースに、活動の幅を広げていく。「GAP」認証の食材を活用したレストラン「グランイート銀座」取締役&ファウンダーにも就任した。ここにはどのような思いがあったのか。池田信太郎が思い描く自分の、そして社会の未来――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

現役を引退してビジネスの世界に飛び込んでいく池田信太郎の新章。一人の人間として勝負するために、自分を見つめ直して何が必要かを考える。そして最初についた肩書きは東京オリンピック・パラリンピック組織委員会アスリート委員会のアスリート委員であった――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

競技者としては遅咲きだった池田信太郎。考えるクセを身につけ、メキメキと頭角を現していった。初めて出場した北京オリンピックでは結果を残せなかったものの、現状に甘んじることなく自己革新を起こしていくことでアスリートとして、人間として成長を遂げていくようになる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

桃田賢斗の登場によって日本男子バドミントン界が一気に活気づく前、その礎を築いた一人の男がいた。池田信太郎――。男子ダブルスで世界選手権初のメダルを獲得し、オリンピックには北京、ロンドンと2大会連続で出場した。潮田玲子との「イケシオ」は大きなトピックにもなった。そんな彼は引退後、ビジネスマンとして多くの肩書きを持ち、バリバリと仕事をこなしている。競技への情熱をビジネスの情熱へとシンクロさせた「Olympian Businessman」の物語――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

いよいよゴングが鳴る。岩佐亮介の相手はフィリピンのマーロン・タパレス。いかに攻略していくか、岩佐亮佑はメイントレーナーのセレス小林こと小林昭司会長とともに準備してきたプランを実行に移す。3ラウンドにダウンを奪いながらも、タパレスのカウンターは脅威。そしてついに――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

元WBA世界スーパーフライ級王者・セレス小林の「ボクシングジム経営浪漫」特別編。2019年12月、愛弟子の岩佐亮佑がアメリカ・ニューヨークでのIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦に臨もうとしていた。負けたら最後のラストチャンス。王座返り咲きを果たすべく、彼らは決戦の地に降り立った。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

セレス小林のボクシングジム経営物語、最終回。ついに愛弟子・岩佐亮佑の世界初挑戦が決定したものの、ほろ苦い結果に終わってしまう。そのとき伝えた師匠の言葉とは。世界チャンピオンになる夢をあきらめなかった小林の人生訓とは――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

セレスボクシングスポーツジムにも降りかかった「リーマン・ショック」余波。〝行動の人〟小林昭司会長は危機をどう乗り越えようとしたのか。一方、リングに目を向けると岩佐亮佑がジムの出世頭となっていく。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ボクシングジムの経営をスタートさせた元世界チャンピオン、セレス小林。将来のチャンピオンをつくるため、トレーナー業にも力を入れていく。営業もトレーナーも事務仕事も。新米ジム経営者は、まさに体当たりで仕事にぶつかっていく。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

村田諒太が所属するのは帝拳ジム、井上尚弥は大橋ジム……。ボクサーを育てていくボクシングジムって一体どんなところなの? 意外に知られているようで知られていないジムの経営。大変だけど、浪漫を持って。その魅力をセレスボクシングスポーツジム、小林昭司の生き様を通じて見ていきたい。第1回は設立までの苦労を描きます。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ラグビーワールドカップ2019日本大会 が9月20日から11月2日にかけて全国12都市で開催される。組織委員会で働く寺廻健太は早稲田大などで活躍した元トップ選手。日本が南アフリカを下した2015年大会の大金星に刺激を受け、サラリーマンを辞めて組織委員会に飛び込んだ。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む

Entertainment

すべて見る
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

第一戦、第二戦と同じコースで戦ったドライバー達は、第三戦の舞台に降り立ちました。そこは様々な世界遺産が街中に残るハンガリー。私も一度は行ってみたいものです。

石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

記事を読む
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

2020年F1グランプリ開幕戦。オーストリアGPの勝者は!?今年の勢力図が一変!?2020年を占う開幕戦と第二戦のレビューをお届けします。

石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

バース、掛布、岡田、のバックスクリーン3連発は1985年。野球人気の絶好調はファミコン界でも同じです。前回は発売総数を見てみましたが、今回の#05では、当時の時代背景を踏まえて、後のゲーム機本体の流れなども掘り下げてみましょう。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

1980年の都立国立高は昭島市民球場での激戦を勝ち抜き、ついに西東京大会決勝が行われる神宮球場に乗り込んだ。プロ野球ヤクルトスワローズの本拠地である神宮球場は、アマチュア野球のメッカとしても歴史が古い。東京六大学野球、明治神宮野球大会、そして高校野球では東京の東西決勝の舞台として数々のドラマを生み出してきた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高校野球の地方球場をめぐる、しぶさんぽシーズン4。1980年の都立国立は昭島市民球場で奮闘を続けていた。しかし、西東京大会の球場は昭島だけではない。今回は甲子園を沸かせたヒーローたちが白球を追った別の球場も掘り起こしてみた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

SPOALライターの渋谷淳とカメラマンの近藤俊哉がスポーツゆかりの地をめぐる「しぶさんぽ」がシーズン4を迎えた。今回のテーマは高校野球。1980年夏に都立高校として初めて甲子園の土を踏んだ“都立の星”国立高がミラクルを起こした球場に足を運び、夏の高校野球気分にひたってみた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ファミコンの中で一番売れたスポーツソフトは「つっぱり大相撲」?「ベースボールファイター」?答えは「ゴルフ」です。ファミコン売上歴代6位の246万本。CHAGE&ASKAの「YAH YAH YAH」より5万本ほど上。今回の#04では、スポーツゲームの詳細を覗いてみましょう。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

「マニアック モノガタリ」 早くも#03が登場!ところで本日、何の日かご存知ですか?ホッピーの日。そう、それも正解なのですが、7月15日はファミリーコンピュータが発売された「ファミコンの日」となっています。前回の「タイヤ交換」から一転、ファミコンとスポーツゲームについて。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

「スーツケースのタイヤが壊れた・・」そんな経験ありませんか?そうなる前に交換しましょう。メーカー保証外だし、タイヤもガタガタうるさいな。自分で交換してみるか。という前提でマニアックモノガタリ#02は進んでいきます。一つだけお願いが。くれぐれもタイヤ交換は自己責任でお願いしますね。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

SPOAL近藤カメラマンによる新連載「マニアック モノガタリ」スタートしました。あるあるネタから壮大な(?)テーマまで。独自の視点で掘り起す。記念すべき第1回テーマは「タイヤ交換」果たしてスポーツとの関係はーーー。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

しぶさんぽ「水道橋・後楽園編」、第3回は後楽園から再び水道橋へと向かう。東京ドームシティとJR水道橋駅を挟んで逆側には学生の街が広がる。多くの若者が集う街は、同時に多くのスポーツ好きがその好奇心を深堀りするサブカルチャーの街でもあった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

水道橋西口改札からはじまったしぶさんぽシーズン3「水道橋・後楽園編」の第2回。散歩はなかなか進まず、今回も再び東京ドームからのスタート。水道橋には東京ドームシティ以外にも楽しめる場所がまだまだあるのだ。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

コロナショックによる緊急事態宣言の解除を受け、しぶさんぽも再開! 前回のシーズン2から今回のシーズン3の間に2020東京オリンピック・パラリンピックがまさかの延期となる中、今回は水道橋・後楽園に足を運んだ。野球好きはもちろん、ボクシング好き、格闘技好き、競馬好きが集まる都内有数の“スポーツスポット”とは─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

日記はいよいよ最終章へ。ジョージから第3戦の会場ラステンバーグに移動して日本代表―デンマーク代表戦を取材。日本は快勝して2大会ぶりに決勝トーナメント進出を決め、僕もジョージに一度戻ってからプレトリアに向かうことになる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

日本代表はカメルーン代表に勝利。僕もブルームフォンティーンからベースキャンプ地のジョージに戻り、続いて第2戦オランダ戦の舞台・ダーバンへ。しかし残念ながら試合は0-1で敗れてしまう。旅日記はここから再開。合宿メンバーのみんなで1200kmも離れたジョージへレンタカーで移動するという過酷なチャレンジを敢行した。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

南アフリカに到着してベースキャンプ地のジョージから、日本代表がカメルーン代表と対戦する第1戦の舞台、ブルームフォンティーンへ。当時「スポーツコミュニケーションズ」の特設サイトで掲載した「南アフリカ日記」を再編集してお届けする2回目。そこでは勝利の余韻が冷めてしまう事件が……。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

高須力さんの「はじめてのPHOTO海外取材」、面白かったですね。海外での取材はハプニングがつきものです。単独で行く場合もありますが、大きな大会や試合となると経費節約や情報共有のメリットを考えてグループで動くこともあります。そんな10年前の南アフリカワールドカップでのドタバタ劇。当時「スポーツコミュニケーションズ」の特設サイトで掲載した「南アフリカ日記」を再編集して掲載いたします。僕とは別グループで動いていた高須さんの写真でお楽しみください!

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

東京都調布市の東京スタジアム(味の素スタジアム)と武蔵野の森総合スポーツプラザが隣接する一体は、東京オリンピック・パラリンピックでいくつかの競技が開催されるオリパラのメインスポットの一つだ。会場周辺からさらに足を延ばしてみると、広々とした東京とは思えない街並みが広がっていた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

SPOAL編集者、渋谷淳がスポーツにゆかりのある土地を散歩する「しぶさんぽ」。今回は東京スタジアム(味の素スタジアム)と武蔵野の森総合スポーツプラザが隣り合う東京都調布市に出かけた。サッカーやラグビー、さらに2020年は東京オリンピック・パラリンピックの会場となる東京の新たなスポーツの聖地とは─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

いよいよこの日がやってきました。2005年2月9日。日本中の注目が埼玉スタジアムに集まる中、僕はバーレーンの国立スタジアムのピッチサイドにいました。ワールドカップをかけた長い戦いの始まりです。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む

Non Fiction

すべて見る
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ボクシングに携わって丸10年。中村正彦はストレングス&コンディショニングコーチは、次なる目標に向かって動き始めている。「A SIDE STRENGTH&CONDITIONING」を立ち上げたのも、次世代のトレーナーたちの実践の場にしてもらいたいとの思いがあるからだ。「肉体改造請負人」最終回――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

現IBF世界スーパーバンタム級暫定王者・岩佐亮佑との出会いは3年前。ストレングス&コンディショニングの観点においては「手つかずの状態」からレベルアップを図っていく。絶対的な自信を持って臨んだのが2019年12月のマーロン・タパレス戦。中村正彦はあるアドバイスを送っていた――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

元々は走り幅跳びの選手。ケガとの闘いだった自分の経験を活かせる仕事として、トレーナーの道へ進んだ。選手目線に立ち、選手と一緒に積み上げていくのが彼のポリシー。科学的なアプローチのみならず、選手に寄り添う姿勢を忘れない。選手からの信頼の証が、世界タイトルマッチの〝あのシーン〟だ。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

日本のボクシング界に、スポーツ科学に基づいたトレーニング理論を――。名門・帝拳ボクシングジムと契約を結び、プロボクシングの世界に飛び込んだのが10年前。中村正彦ストレングス&コンディショニングコーチは数々の世界チャンピオンのボディーメークを担当し、彼らのフィジカル能力を引き伸ばしてきた。その真髄に迫る「肉体改造請負人」第1回。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

子供たちに人気のある料理と言えば、カレーライス、ハンバーグは上位に入ってくるに違いない。実はサッカー日本代表でも定番の人気メニュー。最終回はサッカー日本代表専属シェフを務める西芳照さんがつくる愛情たっぷりカレーライス、ハンバーグと日本代表にまつわる物語――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

サッカー日本代表専属シェフの西芳照さんにとって3度目のワールドカップになったのが2014年のブラジル大会だ。南米のブラジルは日本の裏側に位置する遠い国。長期の遠征となってくれば、選手も馴染みのある食べ物が恋しくなる。選手から絶賛された料理のなかには、意外なものも――。 

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

2010年の南アフリカワールドカップ。サッカー日本代表専属シェフとして知られる西芳照さんはベスト16まで躍進したチームを食事で支えることになる。ご飯の炊き方一つまでこだわるなど、選手にありったけの愛情を注ぐ。初戦のカメルーン戦に向けて、顔が青ざめてしまうようなハプニングも発生するが……。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

サッカー日本代表専属シェフとして知られる西芳照さん。ワールドカップには2006年ドイツから2018年ロシアまで4大会連続で日本代表に同行。食の衛生管理を第一に、温かい食事、栄養ある食事、美味しくなる環境をモットーに、選手たちを料理で支えてきた。現在も専属シェフの任を続けながら、今シーズンからJFLに参戦するいわきFCで選手たちの食事を担当している。西さんの料理はなぜ選手、スタッフに喜ばれるのか。絶対に負けられないキッチンでの戦いに迫る――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

インドネシアのアジア大会が近づいてきた。本番を半年前に控えてセパタクロー日本代表の選手たちは大きな決断を下した。それはこれまで共に戦ってきた仲間たちにとって大きな意味を持っていた。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

セパタクローでドキュメンタリー作品に取り掛かって1年と少し。大きな軌道修正を余儀なくされた僕は一から出直すことにした。しかし、その道は想像以上に険しいものだった。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

セパタクロー日本代表を追いかけるようになって1年と少し。撮りためた写真で営業活動を開始した。しかし、その結果は散々なものだった。諦めかけた僕を思いとどまらせる出来事があった。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

自分の写真に行き詰まりを感じていた僕は新しい試みとしてセパタクロー日本代表を追いかけることにした。この日からセパタクローを通して、写真を求める日々が始まった。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

みなさんはセパタクローをご存知だろうか? 東南アジア発祥の足を使ったバレーボールのようなスポーツだ。本稿は2018年、夏。インドネシアのパレンバンでおこなわれたアジア大会でセパタクロー日本代表がチームダブルで2大会ぶりに団体種目でメダルを獲得するところから始まる。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2019年の関東大学対抗戦。慶応大学は開幕2戦目の筑波大学戦で逆転負けを喫し、中断明けの日本体育大学戦でも終盤に耐え切れず、勝利を逃がしてしまう。このままじゃいけない。栗原徹ヘッドコーチは大きな決断を下す。迎えた早稲田大学との一戦、キバを剥くタイガー軍団の姿がそこにはあった。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

人間形成のためには、地域交流も必要だと考えた。横浜市港北区でのタグラグビー教室、ラグビー授業……部員は受け身ではなく、能動的に。自主性を養うという栗原徹ヘッドコーチの指針が徐々に浸透していく。大学のキャンパスや部のグラウンドがある日吉でも、もっと交流を深めていけないだろうか。そう考えた栗原の渾身のアイデアとは。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

創部120周年のメモリアルイヤーに、母校のヘッドコーチに就任した栗原徹。部員全員との面談を行なった目的とは。スローガンを「UNITY」としたその思いとは。自主性を促しながら迎えた春季大会、最初の試練が訪れる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

大学ラグビーの2019年度シーズン、一人のレジェンドが母校に戻ってきた。〝キックの達人〟栗原徹はスキルコーチを務めていたNTTコミュニケーションズ・シャイニングアークスを退団し、慶応大学ラグビー部(名称は慶應義塾體育會蹴球部)のヘッドコーチ(20年度から監督)に就任した。母校に新風を吹かせる栗原流改革が幕を開ける。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

アメリカでの充実したカメラマン生活を終え、福田は16年ぶりに活動拠点を日本に移した。そして今、決して大きくはない日本のボクシングの心臓部、後楽園ホールを中心にボクシングの写真を撮り続けている。アメリカで得た名声、人脈を駆使した新たなチャレンジも始まった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

福田は最高の1枚を撮影するためにベストを追求し続けた。そうした努力はやがてみのり、気が付けばスポーツジャーナリズムの、ボクシングの本場でも認められる存在となっていく。最も象徴的な栄誉が全米ボクシング記者協会の最優秀写真賞受賞だった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

2001年、ラスベガスでのボクシング取材がいよいよ始まった。最初はライターから、そしてカメラマンへ。あこがれの地は期待通りのあこがれの地であり、同時に信じられないような苦難の連続でもあった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

アシックスをファッションとしてとことん愉しむ、そんな想いで書いてきた『恋するスニーカー』。最終話では、実際に様々なモデルを履いたコーディネートをご紹介します。服に合わせたり、色を敢えて外したり、モデルの数だけ組み合わせは無限大。この夏は、アシックスでキメちゃうのもアリですよ!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

今年も既に数々のモデルが発売されてきましたが、これまでもたくさんの素敵なデザインがつくられてきました。第2話ではちょっとタイムスリップして、過去のコラボレーションモデルの紹介からファッションとしてのアシックスの魅力に迫っていきたいと思います。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

これまでのファッション記事で取り上げきたスニーカー、その多くがNIKEでした。そこで今回の『恋するスニーカー』では我らが日本を代表するメーカーのasics(アシックス)にフォーカス!皆さんのイメージとは少し異なるアシックスの魅力、存分に伝えていきたいと思います。レッツフォーリンラブ!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

無事ショッピングを終え、最後はクロストークの時間に。atmosディレクター小島奉文がデザインに込めた”東京”、ロンドン五輪フェンシング銀メダリスト三宅諒がUberEats配達を通じて感じた”東京”。そしてふたりが想う、これからの”東京”とは。『×TOKYO』いよいよ最終話。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

スニーカーショップatmosディレクター小島奉文が、ロンドン五輪フェンシング銀メダリスト三宅諒へオススメするスニーカー。それは、”東京”を目指すアスリートのパフォーマンスを支えてきたテクノロジーが搭載された素敵な一足でした。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

いよいよスニーカーショッピングの時間に!”スニーカーの神様”ことatmosディレクターの小島奉文がオススメする最新モデルに一同驚愕。ロンドン五輪フェンシング銀メダリスト三宅諒が選ぶ一足とはいったい!?

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

東京に懸け、日々東京の街を駆けるフェンシング選手の三宅諒。そんな彼が今日はスニーカーショッピングへ。そこで待ち受けるのは、20年間東京を駆けぬけ、今年東京とLAを架ける一足を創ったatmosディレクターの小島奉文。東京を様々な形で「かける」2人の出会いは一体どんなものに!?

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

格闘家芦田崇宏さんが選ぶ、お気に入りファッションアイテム!最終ラウンドのアパレルは、芦田さんの競技生活を支えてくれるブランドのお話に。契約までのストーリーは予想以上にドラマティックでした。こんなにも素敵な選手とスポンサーの関係があっていいのでしょうか?

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

格闘家芦田崇宏さんが選ぶ、お気に入りファッションアイテム!まずはスニーカーから。コレクションは数十足にも及ぶ芦田さんが選んだのは、どれも思い入れが詰まったモデルばかりでした。競技生活を足元から支えた、最高の相棒たちとは!?

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

ファッション好きなアスリートたちが、自分の大好きなアイテムを語り尽くす!語ったら、次は仲間にバトンタッチ。「Great Minds Think Alike = 類は友を呼ぶ」を合言葉に広げていく、ファッションアスリートの輪。ハンドボール選手森淳さんからのバトンを受け取ったのは、格闘家の芦田崇宏さん!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

「たかがスニーカーじゃん!恋だの愛だの何言っているの?」
と思ったそこの方。お気持ちはわかります。しかしながらお伝えしたい。スニーカーに恋をし、愛し続けた人にしか起こらない、素敵なこともあるのです。最終話は、思いっきり(スニーカー)ラブストーリーです。ちょっとだけでもいいので、読んで恋していってください。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

人気スニーカーモデル、NIKE SBのDUNKシリーズ。スケーターだけでなく幅広い層に支持されるこのモデルは、ファッションのスタイリングが楽しいのも魅力のひとつ。第二話では、スケーターファッションからアメカジスタイル、キレイ目まで様々なスタイルにダンクを合わせたコーディネートをご紹介したいと思います。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

今度のテーマはスケートボード!今度のオリンピックの正式種目にもなりましたが、実は今スニーカー界のスターダムをさっそうとライドしているのです。よくよく考えたら、ストリートファッションもスケーターブランドが人気ですよね。スポーツ界・そしてファッション界を股にかけた最高の一足へ、レッツフォーリンラブ!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

最終話は足元へ!プレーヤーとしてのパフォーマンスを支える一足から、人生の中で一番買った一足まで、プロハンドボール選手森淳が語る、ファッション。いよいよ完結!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

「アスリート体型」って憧れる方は多いかもしれませんが、190cm/100kgという森選手にとっては、中々大変なことも多いようです。お気に入りのパンツ紹介とともに、アスリート×ファッションの宿命とも言える問題を語ってくれました。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

大崎電気に入社してから、最大30kgほど増量した森選手。その後日本代表・プロ契約と体作りの成果が実を結んでいきます。その一方ですっかりガタイが大きくなったため、特にTシャツはXXLを着るほど。第2話では300枚もあるコレクションから、森選手が選ぶお気に入りを聞きました。そこにあった、とっても素敵なストーリーとは。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

ファッション好きなアスリートたちが、自分の大好きなアイテムを語り尽くす!語ったら、次は仲間にバトンタッチ。「Great Minds Think Alike = 類は友を呼ぶ」を合言葉に広げていく、ファッションアスリートの輪。記念すべき第一回は、大崎電気に所属するプロハンドボール選手の森淳選手です!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

「SCHOOL OF KICKS」もいよいよ最終話となりました。最後はふたりに思いっきり体を動かしてもらいます。先生と生徒の関係はいったん忘れて、忖度なしのガチンコ勝負!いったい何をしたかって?エア・ジョーダン1を履いてするスポーツといえばアレしかないでしょう!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

たくさんの発見に溢れた授業を終え、ここからは体育の時間がはじまる。ふたりの足元にはいったいどんなエア・ジョーダン1が!?聞いたり・眺めたり・触ったりもよいが、やっぱりスニーカーは履いてナンボである。信太選手と宅万先生の、最高にシンクロしたコーディネートも必見!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

いよいよ授業も終盤にさしかかってきた。信太弘樹が語る、アスリートのオシャレ。そこには大きな影響を与えた人がいた。さらに、宅万先生が語る自身最高のシンデレラストーリーも貴重ショットとともにたっぷりお届け。第3話、スタート!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む

From SPOAL

すべて見る
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

「ファミコンの日」にちなんだ「マニアック モノガタリ」。ファミコン世代の海馬の奥底に電流は走り、記憶は蘇ったでしょうか?世代じゃない方少々お待ちを。段々と現在のゲームに近づいていく予定です。せっかくなので、もうちょっとだけファミコン話をーーー。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高校野球に初めて熱い思いを抱いたのは、「しぶさんぽシーズン4」に登場した都立国立高校が甲子園に出場した1980年でした。初めて地方球場で高校野球の試合を生観戦したのは、高校3年生だった1989年のこと。初めて取材で高校野球に携わったのは入社間もない1997年の話です。思いつくままに、私的高校野球ヒストリー。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

ロンドン五輪フェンシング銀メダリスト三宅諒選手と、世界に名を馳せるスニーカーショップatmosのディレクター小島奉文さんに語っていただいた『×TOKYO』お楽しみいただけましたでしょうか?今回はその番外編として、本編で伝えきれなかった話を未公開写真とともにご紹介したいと思います。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

中村正彦ストレングス&コンディショニングコーチの「肉体改造請負人」いかがだったでしょうか? 新たな常識を業界に持ち込み、多くのボクサーが彼のもとで強い体を手に入れています。インタビュー時にたまたま岩佐亮佑選手がトレーニングに訪れていました。岩佐選手はかつて山中慎介さんの持つ日本タイトルに挑戦した過去があります。拳を交えた2人が時を前後して中村コーチのもとで指導を受けている……縁ってあるんだなあってつくづく思いまして……。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

始まりました!不定期連載「マニアック モノガタリ」初回のテーマは「タイヤ交換」ということでしたが、しっかり話に付いて来ていただけたでしょうか?あらためてこの連載の中身、ターゲットを紹介していきましょう。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

ついにきた。待ちに待った瞬間がくる!07/03から始まる2020年F1シーズンの開幕です。開幕戦を制するのは誰なのか?昨年のレースを思い出しながら、レースの開催を待ちたいと思います。

石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

先日、スポールのオンラインサロンをオープンしました。書きたいを書く。伝えたいことを伝える。スポールが始動して半年。新しいメディアの形を模索し続け、どうしたらそれを実現できるのか。新型コロナウイルスのせいで考える時間だけはたくさんありました。その答えのひとつがオンラインサロンの開設でした。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2012年のロンドンオリンピック男子フルーレ団体で銀メダルを獲得し、長年にわたって日本フェンシング界を引っ張っている三宅諒選手の「考えるフェンサー」、いかがだったでしょうか?フードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員アルバイトの話を聞いていくうちに、自分の学生時代のアルバイト経験を思い出しまして……。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

4回にわたって連載した「マネジャーのお仕事」はいかがでしたでしょうか。マネジャーの大徳義幸さんを取り上げようと思ったきっかけは、「スポーツ選手のマネジャーっていったいどんな仕事をしているの?」という素朴な疑問がきっかけでした。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

その瞬間、私が三十数年積み重ねてきた価値観が一気に崩壊しました。もう何を信じていいのか、本当にわかりません。それくらい衝撃的な出来事でした。出会わなければ良かったとすら思いたくなる、魔性の存在。正直言って、今これを書く手もちょっと震えています。あ、スニーカーの話です。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

F1オタクな私、2020年は本当に退屈です。スポーツ好きな皆様も退屈な時をお過ごしではないでしょうか?土曜日と日曜日と言ったらスポーツ観戦なのですが、スポーツそのものが興行されていないとなると休みが退屈です。ですがそろそろコロナも収まってきており各スポーツのシーズンが始まろうとしています。

石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

東京ドームに後楽園ホール。こんなにたくさん「聖地」と言われている場所があるのも珍しいのではないでしょうか?僕も全く無関係ではありません。「しぶさんぽseason3」今回の舞台は「水道橋・後楽園」。こぼれ話をもうちょっとだけーー。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

5月29日、真っ青な空と真っ白な雲のコントラストが気持ちいい空でした。そんな空を見上げながら、轟音とともに流れるスモークに歓声を上げる人々の姿をみて、ちょっぴりこみ上げてくるものがありました。ブルーインパルスが医療従事者の方々への感謝の意をこめて、東京の空を飛んだ日の夕方、Jリーグの再開が発表されました。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

ファッション好きアスリートのリレー企画『Great Minds Think Alike』のアナザーストーリー。記念すべき第一回に登場してくれた、プロハンドボール選手森淳さん。取材は夜だったのですが、1時間の取材のはずが、2人で盛り上がった結果、終了したのは3時間後。元はコロナ禍で生まれた苦肉の策でしたが、結果としてリモート取材ならではのメリットをたくさん発見できました!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

サッカー日本代表専属シェフを務める西芳照さんのノンフィクション記事「西メシ!」いかがでしたか? 厨房の舞台裏はまさに〝戦いの場〟。いかなる状況に置かれようともあきらめない彼の姿を描きました。今回、リモートでのインタビューを実施し、写真は高須力さんが過去に私との取材で撮影したものを掲載させていただきました。取材後記として地元・福島に対する西さんの思いを、記したいと思います。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

いつも見かける重そうなバッグ。肩から掛けたり背負ったり。いったい何が入っているの?カメラマンの数だけ夢とバッグも存在する。一人一つじゃ物足りないぜ! カメラマンのこだわりギアシリーズ第3弾。今回は「カメラバッグ」。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

緊急事態宣言の全面解除というニュースが出て、ここ3ヶ月ほど続いたおうち時間もいよいよ変化が見えてきました。過ごし方の工夫は人それぞれだったと思いますが、私の大きな支えであり楽しみでもあったあるスポーツコンテンツがありました。それは世界で600万人以上が視聴したほどで、あまりの人気によってちょっと面白い出来事も起きました。やっぱジョーダンは神ですね!

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

『青き咆哮』『氷上輪舞曲』『忘却のエトランジェ』。勝手にNumberっぽいタイトルを書いてみました。重厚なテーマに負けないような写真を撮ろうと思っていたあの頃。本編では語ることのできなかった思い入れのある企画について。「Numberを語ろう。」をもうちょっとだけーー。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

八重樫東の激闘王を追いかけて─。全4回の物語で多くは触れませんでしたが、八重樫が素晴らしいファイトをファンに提供するにあたり、忘れてはならないもう一人のキーパーソンがいます。今回は八重樫が所属する大橋ボクシングジム、大橋秀行会長の話をします。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

前回のFromSPOALではF1開催期間での現地の過ごし方と大変だったことをお伝えしましたが、今回はレースに興味を持ってもらう為に数々の伝説が残る鈴鹿サーキットを名場面とともに紹介したいと思います。

石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

記事を読む

SPOAL

それは、スポーツ(SPORTS)とゴール(GOAL)を合わせた、私たちの合言葉。
ゴールを目指し、スポーツを楽しみ、愛し、尊重し、努力することにスポーツの醍醐味がある。

アスリートのみならず、それはスポーツに関わるすべての人々に。
楽しむ、愛する、尊重する、努力する。
それは、スポーツライティングの世界とて同じ。

ならば目指すゴールはどこなのか。
書きたいこと、正しいと思うこと、伝えたいことを、熱を持って描く。
自分たちから発信していく世界へ。
スポーツへのリスペクトを高め、作品性を強めていく世界へ。
そんな新たなゴールを創造したいと願う。

SPOALにはALL(全員)、OAL(ボートのオール)の意味も込められている。
みんなで一緒に、ゴールを目指す、その喜びを。
スポーツに携わる人、すべてに送る私たちのメッセージ――。

スプラッシュ