SPOAL

Business
プロレス仕掛け人 VOL.1
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ボクシングに続く「興行仕掛人」第2弾は、プロレスリング・ノアの武田有弘取締役を描く。シングル最強を決める「N-1 VICTORY」を成功させ、2022年1月1日にはビッグイベントとなる日本武道館大会を開催する。攻めの仕掛けの背景にあるものは—―。

記事を読む 記事を読む
Fashion
恋するスニーカー Season.9 VOL.1
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

早いもので、今年も残すところあと3ヶ月を切りました。2021年も例年通りたくさんのリリースがあった、スニーカー界隈。ちょっと早いですが振り返り企画を実施したいと思います。今回はちょっと趣向を変えて2021年に発売されたスニーカーを「色」をテーマにピックアップしてみました。第一話は「黒」。

記事を読む 記事を読む
From SPOAL
編集部からの告知
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

SPOALからお知らせです。完全有料スポーツサイトであるSPOALがこの10月から一部の記事を無料で読める取り組みを始めます。より多くの方にSPOALの作品を知ってもらおう!というのがこの試みの狙いです。10月からのSPOALはいったいどんな内容になるのでしょうか――。

記事を読む 記事を読む

New Arrival

すべて見る
Business
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

「プロレス興行仕掛人」最終回。プロレスリング・ノアに、プロレス界のビッグネームである武藤敬司が2年契約で入団する。その背景にあった武田有弘の思いとは。プロレスリング・ノアのため、そして日本のプロレス界の未来のため--。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

プロレスリング・ノアは2020年1月末、サイバーエージェントの傘下に入り、苦境を乗り切って新しい船出を切ることになる。結果的に武田有弘の人脈がこの「奇跡」を導くことにもなった。武田とプロレスの関わりを振り返る。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ボクシングに続く「興行仕掛人」第2弾は、プロレスリング・ノアの武田有弘取締役を描く。シングル最強を決める「N-1 VICTORY」を成功させ、2022年1月1日にはビッグイベントとなる日本武道館大会を開催する。攻めの仕掛けの背景にあるものは—―。

記事を読む
Fashion
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

2021年にリリースされたスニーカーの中から、筆者山手が購入したモデルをカラー別に紹介していくシリーズ。第一話は「黒」、第二話は「白」をテーマにしてきましたが、最後は様々なカラーのモデルを紹介します。不朽の名作、オリンピック記念モデル、コラボレーションならではの配色など、どれも個性あふれるものばかり!

記事を読む
Fashion
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

2021年にリリースされたスニーカーの中から、筆者山手が購入したモデルをカラー別に紹介していくシリーズ。第一話の「黒」に続いて、今回の第二話は「白」がテーマです。合わせやすいので、持ってる方も多いカラーではないでしょうか?今年も数々のモデルが発売されました!

記事を読む
Fashion
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

早いもので、今年も残すところあと3ヶ月を切りました。2021年も例年通りたくさんのリリースがあった、スニーカー界隈。ちょっと早いですが振り返り企画を実施したいと思います。今回はちょっと趣向を変えて2021年に発売されたスニーカーを「色」をテーマにピックアップしてみました。第一話は「黒」。

記事を読む
Entertainment
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

スポーツ総合誌『Number』が将棋の特集を組み、その大胆な企画と抜群の売れ行きで話題を呼んだのが2020年9月のこと。「おっ、Numberがやったな!」という記憶を呼び起こして、今回の本棚は将棋ノンフィクション『将棋の子』を選んだ。将棋の世界の厳しさに戦慄し、将棋のもつ暖かさに心を揺さぶられる珠玉の作品とは――。

記事を読む
Entertainment
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

久々の「エンタメ大百科」は日本で1990年3月に公開されたケビン・コスナー主演の野球ファンタジー映画「フィールド・オブ・ドリームス」です。トウモロコシ畑から野球場をつくって「彼」がやってくる物語。2021年8月、この野球場でMLBの公式戦が開催されるなど、今なおベースボールファンに深く愛されている作品です。

記事を読む
Entertainment
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

マニアックモノガタリ、アメリカンフットボール編第4弾。今回の舞台はウィスコンシン州グリーンベイ。すぐに場所が思いつく方は相当なアメリカ通かと。さあマニアックの扉を開きましょう。

記事を読む
Entertainment
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

石井邦良

SPOALディレクター

石井邦良

マニアックな二人、近藤カメラマンと石井ディレクターが語るデバイストークも今回が最後になりました。最後に紹介する商品は偶然にも同じデバイスです。いったい何が出てくるのか。そしてこれまで紹介したデバイスでどんなマニアックイレブンができるのでしょうか?

記事を読む
Prev
Next
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山中慎介対岩佐亮佑、トークバトルの最終ラウンド。フィジカル強化の経緯から、再起を図る後輩へのエールまで。岩佐から「一つ聞きたいことがあったんですけど」と予想外のパンチに、山中はどう切り返していくのか!

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

お待たせしました! 山中慎介VS岩佐亮佑のボクシング対談第3回。2人が対戦した2011年3月5日に東京・後楽園ホールで開催された日本バンタム級タイトルマッチ、あの伝説の一戦に話は移っていきます。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

4月にウズベキスタン・タシケントで行なわれたWBA、IBF世界同級王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)戦の振り返りから、海外での調整や予想外の出来事に話が及んでいく。山中対岩佐のトークバトル、第2ラウンド!

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

あの激闘から10年、待望のリマッチ? 元WBC世界バンタム級王者〝神の左〟山中慎介と前IBF世界スーパーバンタム級暫定王者、元同級王者の〝イーグルアイ〟岩佐亮佑のスペシャル対談が実現した。YouTubeチャンネル「山中慎介GOD’S LEFT TV」とのコラボレーション企画としてお届けする。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

横浜エクセレンス誕生! ホームタウンを横浜に移したエクセレンスは7月1日、横浜市内で記者会見を開いてチーム名を横浜エクセレンスとすることや、新しいブランドロゴマークを発表しました。エクセレンスの石田剛規ヘッドコーチの『自分だけの地図を描こう』番外編はチーム始動の記者会見の模様をお届けします。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

東京エクセレンスは2021-22シーズン、ホームタウンを東京都板橋区から横浜市に移し、チーム名を横浜エクセレンスとして新たなスタートを切る。ヘッドコーチとして5年目、兼務するアシスタントGMとして初年度を迎える石田剛規にとってもビッグチャレンジが始まった。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

バスケットボールB3、エクセレンスのヘッドコーチ、石田剛規は横浜にホームタウンを移転する来シーズン、目標とするB3優勝をはたすためには日本人選手の成長が欠かせないと考えている。石田は栄光と挫折を味わった現役時代の経験をいかし、どのように若手の成長を促そうとしているのだろうか――。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

バスケットボールB3のエクセレンスは5月29日、8年間ホームアリーナとしてきた板橋区立小豆沢体育館でシーズン最終戦を迎えようとしていた。エクセレンスは2021-22シーズンからホームタウンを東京都板橋区から横浜市に移す。ホームタウンでの最終戦を前に選手、スタッフ、そしてヘッドコーチの石田剛規も燃えた。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

バスケットボールプロリーグのB3に所属する東京エクセレンスが7月1日、横浜市へホームタウンを移転し、横浜エクセレンスとして新たなスタートを切ることが発表された。B2からB3に降格して迎えた昨シーズンは優勝を狙ったものの3位。チームを率いる石田剛規ヘッドコーチ(HC)はコロナ禍という荒波の中、どのようにしてチームをまとめていったのか。そして来シーズンに描く未来とは。自らの高め、挑戦し続けるエクセレンスと石田HCの物語――。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

ようやく世界チャンピオンとなった花形冴美。プライベートでは結婚を発表し、2度目の防衛戦を最後に引退することを決めた。テーマに掲げたのは「楽しむ」だった。最後のリングで彼女が感じたことは--。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

なかなか世界のベルトに届かない花形冴美を支えたのが木村章司トレーナーであった。4度目の挑戦も失敗に終わり、再起戦にも敗れた。心に大きなダメージを負った彼女はいかに立ち直ったのか--。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

「NO REGRETS」第2回。女子プロボクシングの世界に飛び込んだ花形冴美は、デビュー戦でいきなり敗北を喫してしまう。眼窩底骨折の大ケガも負った。母親と一緒に、花形進会長のもとを訪れて……。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

2021年3月18日、IBF女子世界アトム級王者・花形冴美はドローで2度目の防衛を果たして、ボクシングに別れを告げた。リング上で「悔いはありません」と言い切った。彼女はなぜボクシングをやり切れたのか--。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

JFE東日本の須田幸太は社会人野球からプロ野球をへて再び社会人野球に戻ってきた。シーズン3年目となる今季は兼任コーチという肩書きがつき、若い選手たちと日々トレーニングに励んでいる。ラストは社会人野球で有終の美を――。明日への扉を開く野球物語「クローザー」はいよいよ最終回。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

JFE東日本硬式野球部で活躍する須田幸太は2011年から2018年にかけてプロ野球の横浜DeNAベイスターズに籍を置いた。大学、社会人野球のトップ選手として活躍した須田にとってプロ野球はなかなか勝手の違う世界だった。第3回は須田幸太のプロ野球時代の話――。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

社会人野球の強豪チーム、JFE東日本硬式野球部の投手、須田幸太は横浜DeNAベイスターズで活躍した元プロ選手だ。社会人野球に転向した元プロ選手が必ずしも活躍できるとは限らない中、須田は大いに結果を残した希有な選手と言える。第2回は須田の野球キャリアを振り返る。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

社会人野球からプロ野球に転じ、再び社会人野球に舞い戻って大活躍した選手がいる。JFE東日本硬式野球部の投手、須田幸太だ。須田は横浜DeNAベイスターズに8シーズン在籍したのち、古巣のJFE東日本に帰ってきた。復帰初年度となった2019年にめざましい活躍をみせてチームの都市対抗野球初優勝に貢献。起伏に富んだ野球人生を送るクローザーの物語をお届けする。

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

「Winding Road season2」最終回。細貝萌は社会貢献活動に熱心なことでも知られる。バンコク日本人学校へのサッカーボール寄贈、難病指定のシーテフに対する啓発活動……彼はなぜ社会貢献に目を向けるのか。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

タイリーグの終盤戦。細貝萌には46日間で14試合という超過密スケジュールとの戦いが待っていた。高温多湿というタイ特有の事情もあるなかで、彼はケガを予防し、コンディションを整えていく。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

日本代表や欧州などで活躍してきたフットボーラー細貝萌の物語を綴る「Winding Road」バンコク・ユナイテッド編。新型コロナウイルスの影響によって1年以上に及んだ長いシーズンを、彼はいかにして乗り切ったのか。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む

Discussion

すべて見る
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

座談会もいよいよ最終回。五輪に対する個々の思い入れから、「アスリートファースト」に対するメディアとしての意識まで。いろいろと気づかされた大会になった東京五輪を「総括」する。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

東京五輪を終えて、大会の課題についてどう感じたのか。問題として真っ先に挙がったのが「酷暑」。地球の温暖化によって真夏の五輪はもう限界に近づいているのではないだろうか。3者とも意見が一致した。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

バスケットボール女子の銀メダル獲得はサプライズだった。ケガでエース不在のなか、「メダルは無理だろう」という渋谷淳編集長の予想に反して快進撃。フランスやベルギーといった強豪を撃破した要因について編集長が熱く語ります!

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

盛り上がったのが、スケボーやスポーツクライミングなどのアーバンスポーツ。日本の活躍のみならず、そこにはスポーツ本来の魅力が……。山口大介さんの見解に一同、納得。「スポーツとは何か」を突きつけられた思いがした。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

先の東京五輪において日本選手団は金27、銀14、銅17の計58のメダルを獲得。日本経済新聞運動グループで東京五輪の統括デスクを務めた山口大介さんを再びお招きして「五輪を語ろう。」パート2を実施した。

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

最終話では龍さんが東京オリンピック2020で撮った作品を解説して頂きました。フォトグラファーがどんなことを考えながら絵作りをしてるのか、その裏側をご紹介します。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

トータルで24種目もの競技を撮影した龍さんですが、そこには今まで気が付かなかった難しさがありました。また前例のない無観客開催が及ぼした影響などについて語ってくれました。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

初めての総合スポーツ大会がオリンピックという大舞台。人とは違う歩みを続けてきた龍さんらしいエピソードですが、興味が湧いたスポーツやオリンピックにエントリーするまでのお話をご紹介します。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

「お・も・て・な・し」から8年。紆余曲折ありましたが、東京オリンピック2020が開催されました。日本人選手団は過去最高のメダル数を獲得して、コロナ禍に沈みがちだった国内は大いに盛り上がりました。しかし、その熱気から少し離れたアプローチで4年に一度の大舞台に挑んだ一人のフリーランス・フォトグラファーがいました。龍フェルケルさんです。彼がファインダー越しにみた「五輪」について語ってもらいました。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

白熱した「五輪を語ろう。」も最終回。4人のメンバーたちのトークは、東京オリンピックの顔から、トランスジェンダーから、コロナ禍における記者のあり方とは――まで、もうとどまることを知りません。なんとかゴールテープを切った「五輪を語ろう。」の最終回にこうご期待!

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

オリンピックでは記者も興奮してアドレナリンが出ます。座談会の第5回は、SNSが広く普及した中で記者としてどんな記事を書くべきかという硬派な話題から始まり、日本経済新聞社の山口大介氏とSPOAL高須カメラマンによる“ボルト愛トーク”も炸裂!

渋谷淳

SPOAL編集長

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

二宮寿朗

SPOAL編集者

二宮寿朗

記事を読む