SPOAL

Business
Olympian Businessman VOL.1
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

桃田賢斗の登場によって日本男子バドミントン界が一気に活気づく前、その礎を築いた一人の男がいた。池田信太郎――。男子ダブルスで世界選手権初のメダルを獲得し、オリンピックには北京、ロンドンと2大会連続で出場した。潮田玲子との「イケシオ」は大きなトピックにもなった。そんな彼は引退後、ビジネスマンとして多くの肩書きを持ち、バリバリと仕事をこなしている。競技への情熱をビジネスの情熱へとシンクロさせた「Olympian Businessman」の物語――。

記事を読む 記事を読む
Business
ボクシング経営浪漫 PLUS.1
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

元WBA世界スーパーフライ級王者・セレス小林の「ボクシングジム経営浪漫」特別編。2019年12月、愛弟子の岩佐亮佑がアメリカ・ニューヨークでのIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦に臨もうとしていた。負けたら最後のラストチャンス。王座返り咲きを果たすべく、彼らは決戦の地に降り立った。

記事を読む 記事を読む
Entertainment
しぶさんぽ VOL.1
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

SPOALライターの渋谷淳がスポーツにまつわるさまざまな土地に出かける「散歩シリーズ」のはじまり。第1回は「ここしかないでしょう!」ということで2020東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場へ。タイトルはもちろん今は亡きいぶし銀俳優、地井武男さんの「ちい散歩」のパクリ、いや、オマージュです。

記事を読む 記事を読む
Special
WindingRoad 細貝萌は屈しない VOL.1
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司ら北京五輪世代の一人、細貝萌は順風のサッカー人生を送ってきたわけではない。信念を持って「曲がりくねった道」を歩んできた。それはまさに今回も。柏レイソルでの2シーズンを終え、2019年に再び海外を目指すことになった。新天地はタイ。強豪ブリーラム・ユナイテッドの移籍が決まったのに、予期せぬ事態が待ち受けていた。

記事を読む 記事を読む
Fashion
同球生がゆく ~スニーカー探訪 in 原宿~ VOL.1
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

同郷、同級生、同僚。そして同ポジション。 ハンドボール界の、ちょっと素敵な関係。 今は選手と社員という別々の道を進むふたりが、ひさしぶりに遊びに出かけました。 お気に入りのスニーカーを探す、原宿の夕べ。

記事を読む 記事を読む

New Arrival

すべて見る
From SPOAL
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

街ブラロケの楽しさと難しさを実感した「しぶさんぽ」。好評連載の可能性しか感じません。ちょっとだけ僕のセリフが出てきましたが、恒例(にします!)の都市伝説なアプローチでもうすこしだけ。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

世界的なコンサルティング企業であるフライシュマン・ヒラード日本法人のシニアコンサルタントをベースに、活動の幅を広げていく。「GAP」認証の食材を活用したレストラン「グランイート銀座」取締役&ファウンダーにも就任した。ここにはどのような思いがあったのか。池田信太郎が思い描く自分の、そして社会の未来――。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

現役を引退してビジネスの世界に飛び込んでいく池田信太郎の新章。一人の人間として勝負するために、自分を見つめ直して何が必要かを考える。そして最初についた肩書きは東京オリンピック・パラリンピック組織委員会アスリート委員会のアスリート委員であった――。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

競技者としては遅咲きだった池田信太郎。考えるクセを身につけ、メキメキと頭角を現していった。初めて出場した北京オリンピックでは結果を残せなかったものの、現状に甘んじることなく自己革新を起こしていくことでアスリートとして、人間として成長を遂げていくようになる。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

桃田賢斗の登場によって日本男子バドミントン界が一気に活気づく前、その礎を築いた一人の男がいた。池田信太郎――。男子ダブルスで世界選手権初のメダルを獲得し、オリンピックには北京、ロンドンと2大会連続で出場した。潮田玲子との「イケシオ」は大きなトピックにもなった。そんな彼は引退後、ビジネスマンとして多くの肩書きを持ち、バリバリと仕事をこなしている。競技への情熱をビジネスの情熱へとシンクロさせた「Olympian Businessman」の物語――。

記事を読む
From SPOAL
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

今日は、バスケットボールのお話です。 NBAという世界最高峰のプロバスケットボールリーグ。日本でも、八村塁選手の活躍が日々ニュースになっているので知っている方も多いのではないでしょうか。そんなNBAの2020年最初の盛り上がり、それがオールスターです。ただ今年は、例年とはちょっと違いました。35年ぶりの再会、深い悲しみが生んだ新しい取り組み、メーカー間の仁義なき戦い、など今年でしか起こり得ないことがたくさんありました。

記事を読む
From SPOAL
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

カメラマンが準備するモノはカメラとレンズだけではありません。三脚、パソコン、充電池。カメラバッグも撮影内容によって変化します。そんな数あるこだわりギアの中から、今回は「防寒具」について。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

いよいよゴングが鳴る。岩佐亮介の相手はフィリピンのマーロン・タパレス。いかに攻略していくか、岩佐亮佑はメイントレーナーのセレス小林こと小林昭司会長とともに準備してきたプランを実行に移す。3ラウンドにダウンを奪いながらも、タパレスのカウンターは脅威。そしてついに――。

記事を読む
Business
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

元WBA世界スーパーフライ級王者・セレス小林の「ボクシングジム経営浪漫」特別編。2019年12月、愛弟子の岩佐亮佑がアメリカ・ニューヨークでのIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦に臨もうとしていた。負けたら最後のラストチャンス。王座返り咲きを果たすべく、彼らは決戦の地に降り立った。

記事を読む
From SPOAL
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

東京オリンピック・パラリンピックの会場を歩いていると、オリンピックにまつわる思い出が次々と脳裏よみがえってくる。1984年のロサンゼルス大会を興奮しながらテレビで楽しんだ20年後、私はオリンピック発祥の地、ギリシャはアテネの大地を踏みしめていた。

記事を読む
Prev
Next
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

リーグ優勝を懸けての大一番。細貝萌はブリーラム・ユナイテッドのリーグ3連覇を成し遂げるべく、気合いを入れて臨んだ。後半早々にチームは待望の先制点を奪い、試合は終盤に入っていく。体調不良から始まった2019年シーズン。どんなフィナーレを迎え、そして彼は何を思い、何を感じたのか――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

タイで新しいスタートを切った細貝萌。3月10日の第3節プラチュワップ戦でベンチ入りして後半途中にデビューを果たすと、翌週のアウェー、バンコク・ユナイテッド戦では先発して勝利に貢献する。チームの中心を担っていくなかで、タイ特有とも言える高温多湿の環境が彼の前に立ちはだかる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

2019年、タイの強豪ブリーラム・ユナイテッドに完全移籍した細貝萌は予期せぬ「体調不良」で大幅に出遅れることになった。しかし懸命な調整によって、早期デビューを可能とするところまで持っていく。そしてついにタイデビューの日がやってきた。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司ら北京五輪世代の一人、細貝萌は順風のサッカー人生を送ってきたわけではない。信念を持って「曲がりくねった道」を歩んできた。それはまさに今回も。柏レイソルでの2シーズンを終え、2019年に再び海外を目指すことになった。新天地はタイ。強豪ブリーラム・ユナイテッドの移籍が決まったのに、予期せぬ事態が待ち受けていた。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

“モンスター”井上尚弥の圧勝劇に終わった英国グラスゴーのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝。興奮の余韻にひたりながら現地に赴いたライターはひたすら原稿を書き続ける。井上の活躍は世界中のファンに喜びを与えただけでなく、日本から駆け付けたライターにも思わぬ恩恵をもたらした─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝がいよいよゴングの日を迎えた。日本が世界に誇る“モンスター”井上尚弥が初上陸となるイギリスのリングでどんなパフォーマンスを見せるのか。日本から駆け付けたフリーライターはその一挙手一投足を目に焼き付けようとしていた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

井上尚弥のWBSS準決勝がカウントダウンに入る中、グラスゴーまで駆け付けたメディアたちの気持ちも徐々に高まっていた。ただし、ボクシングの海外出張は仕事の拘束時間が長いわけではない。リングの外で緩やかな時間が流れる中、あろうことか取材者である私がピンチに陥った。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2019年5月18日、イギリスはスコットランドのグラスゴーでWBSSのバンタム級準決勝が行われた。試合10日前に現地に乗り込んだ井上尚弥は順調に調整を続けていたが、公開練習で父、真吾トレーナーがある“事件”に巻き込まれてしまう─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2019年5月18日、イギリスはスコットランドのグラスゴーでWBSSバンタム級の準決勝が行われた。WBSSは世界主要4団体のうち3団体の世界王者が出場する真の世界一決定トーナメント。日本から乗り込んだ“モンスター”井上尚弥が世界に与えた衝撃と、日本から約9500キロを追いかけたフリーライターの奮戦記─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2018年12月2日、SC相模原が鹿児島ユナイテッドを迎えたJ3最終節。相模原ギオンスタジアムに、同会場最多となる1万2612人が駆けつけた。日本サッカー界の歴史をつくってきた偉大なるゴールキーパー、川口能活のラストゲームを見届けるために。彼自身にとってもそれは単なる「引退試合」ではなかった――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2018年の夏は、川口にとって苦しい日々となった。引退の二文字がチラつくなかで、彼は抗おうとした。今年こそはと誓ったシーズンも、試合から遠ざかるようになっていた。そんな折、突如めぐってきたリーグ戦出場のチャンス。5カ月ぶりとなる公式戦、それもぶっつけ本番。厳しい戦いを覚悟した。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

引退を表明した川口能活がJ3最終節、鹿児島ユナイテッド戦に先発することが決まった。絶対に勝ちたい――。現役の残り時間を最高のチームメイトたちと濃密に過ごしてきた。試合当日、武者震いしながら彼はラストゲームのピッチに向かっていく。大きな拍手に包まれるなか、炎の守護神の目に力が宿った――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

いよいよ始まった川口能活、現役最後の試合。ピンチを迎えたら、スーパーセーブ。鬼神と化した守護神のプレーに、満員のスタジアムはクギ付けとなる。一度神懸かったら最後までが、ヨシカツらしさ。相手をにらみつけ、味方を鼓舞して、ゴールマウスを必死に守る姿をどうぞご堪能あれ。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

見事にラストゲームをクリーンシートで勝利し、有終の美を飾った川口能活。勝負強い、彼らしい現役生活のフィナーレであった。試合後に行なわれた引退セレモニー。偉大なゴールキーパーは家族に、サッカー仲間に感謝の言葉を伝えていく。涙あり、笑いあり。現役のピッチにサヨナラを告げるときがついに訪れた。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む

Discussion

すべて見る
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

スポーツカメラマンが何を考え、何に狙いを定めて写真を撮っているのかを伝えてきた座談会も今回で最終回。撮影環境、機材の進化に対応しながらスポーツの現場でシャッターを切り続けてきた3氏が語る「スポーツカメラマンの醍醐味」とは。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

カメラマンにとって最も重要な仕事道具は言うまでもなくカメラである。フィルムからデジタルに移行して15年ほど、カメラはさらなる進化を遂げてきた。もはや素人でもプロ並みの写真が撮れると言われる時代に求められる“プロフェッショナル”とは何なのか。座談会第6回は骨太なテーマに迫った。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

座談会に登場のカメラマン3氏は海外での撮影経験も豊富だ。基本的に写真を撮ることは変わらずとも、やはり海外に出ると日本とは違った“撮影事情”に出くわすことが多い。座談会第5回はスポーツカメラマンの海外奮戦記─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

どんなに腕のいいカメラマンでも被写体に思い通りの表情を作らせることはできないし、ましてや目の前でスーパープレーを決めさせたり、競技に手を加えることはできない。カメラマン3氏によるトークはさらに熱を帯びてきた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

海外で苦労をしたり、大物の撮影で冷や汗をかいたり、時には大事なカメラを盗まれてしまったり……。かっこよく見えるスポーツカメラマンの仕事はでき上った写真の美しさと裏腹に、ハードは現場の連続だ。座談会第3弾はカメラマン3氏が実際に体験したことを語ってくれた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

気鋭のスポーツカメラマンが思う存分に語り合う座談会の2回目。彼らはどのようにして写真を撮る“目”を養ったのだろうか。スポーツカメラマンになるまでの意外なキャリアも明らかにされ、トークはますます熱を帯びてきた─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

ファインダー越しにスポーツを見つめ、一瞬でスポーツの織り成す物語を切り取る。それがスポーツカメラマンだ。彼らは一体何を考え、どんな準備をして、スポーツの現場で戦っているのだろうか。気鋭のスポーツカメラマン3氏による座談会。第1回は全米ボクシング記者協会の年間最優秀賞に4度も輝いた福田直樹さんに大いに語ってもらった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

昨今、いろいろな問題が明るみになった大学スポーツ界。「閉ざされた世界」は今の時代にそぐわない。開かれた大学スポーツになっていくのは、どうなっていけばいいのか。「開かれている感」の強い早稲田大学ア式蹴球部のご協力を得て、ピーカン(快晴)のもとでさあ、会議を始めましょうか!

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

青空のもとで行なわれる会議も次第にヒートアップ。早稲田大学ア式蹴球部に広がるSNSの輪は、まさに「密室」にならないための予防策でもあったんですね。大学スポーツは縦割りのイメージが強いなか、壁を壊して横へドンドン広げていかなきゃいけない。部内にとどまらず、学内へ。その「横へのつながり方」を語っていただきましょう!

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

大学スポーツにおけるマスコットキャラクターの制作は新しい考えでしたね~。会議の内容は「指導者や先輩の言うことは絶対」の時代から移り変わろうとしている今、指導者は学生にどのように接し、どのようにして育てていけばいいか、に及んでいきます。外池大亮監督の「伝統と革新」の捉え方、心に響きました。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

学生の本分は学業。スポーツだけやっていればいいということではありませんよね。NCAAのような文武両立の体制づくりを必要とする声が大きくなっています。でも勉強ってそれだけじゃない。大学生だからチャレンジできる、失敗できる社会勉強というものもあります。青空会議室の終盤戦、ご堪能ください。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

盛り上がってきた青空会議室もいよいよ最終回です。若者の特権って、いろんな人と知り合って友達になったり、交流を広げられることですよね。それによって人として成長することができます。学生の可能性をもっともっと広げていくために、オトナがしなくちゃいけないことって何でしょうか? 

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む

Business

すべて見る
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

世界的なコンサルティング企業であるフライシュマン・ヒラード日本法人のシニアコンサルタントをベースに、活動の幅を広げていく。「GAP」認証の食材を活用したレストラン「グランイート銀座」取締役&ファウンダーにも就任した。ここにはどのような思いがあったのか。池田信太郎が思い描く自分の、そして社会の未来――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

現役を引退してビジネスの世界に飛び込んでいく池田信太郎の新章。一人の人間として勝負するために、自分を見つめ直して何が必要かを考える。そして最初についた肩書きは東京オリンピック・パラリンピック組織委員会アスリート委員会のアスリート委員であった――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

競技者としては遅咲きだった池田信太郎。考えるクセを身につけ、メキメキと頭角を現していった。初めて出場した北京オリンピックでは結果を残せなかったものの、現状に甘んじることなく自己革新を起こしていくことでアスリートとして、人間として成長を遂げていくようになる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

桃田賢斗の登場によって日本男子バドミントン界が一気に活気づく前、その礎を築いた一人の男がいた。池田信太郎――。男子ダブルスで世界選手権初のメダルを獲得し、オリンピックには北京、ロンドンと2大会連続で出場した。潮田玲子との「イケシオ」は大きなトピックにもなった。そんな彼は引退後、ビジネスマンとして多くの肩書きを持ち、バリバリと仕事をこなしている。競技への情熱をビジネスの情熱へとシンクロさせた「Olympian Businessman」の物語――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

いよいよゴングが鳴る。岩佐亮介の相手はフィリピンのマーロン・タパレス。いかに攻略していくか、岩佐亮佑はメイントレーナーのセレス小林こと小林昭司会長とともに準備してきたプランを実行に移す。3ラウンドにダウンを奪いながらも、タパレスのカウンターは脅威。そしてついに――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

元WBA世界スーパーフライ級王者・セレス小林の「ボクシングジム経営浪漫」特別編。2019年12月、愛弟子の岩佐亮佑がアメリカ・ニューヨークでのIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦に臨もうとしていた。負けたら最後のラストチャンス。王座返り咲きを果たすべく、彼らは決戦の地に降り立った。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

セレス小林のボクシングジム経営物語、最終回。ついに愛弟子・岩佐亮佑の世界初挑戦が決定したものの、ほろ苦い結果に終わってしまう。そのとき伝えた師匠の言葉とは。世界チャンピオンになる夢をあきらめなかった小林の人生訓とは――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

セレスボクシングスポーツジムにも降りかかった「リーマン・ショック」余波。〝行動の人〟小林昭司会長は危機をどう乗り越えようとしたのか。一方、リングに目を向けると岩佐亮佑がジムの出世頭となっていく。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ボクシングジムの経営をスタートさせた元世界チャンピオン、セレス小林。将来のチャンピオンをつくるため、トレーナー業にも力を入れていく。営業もトレーナーも事務仕事も。新米ジム経営者は、まさに体当たりで仕事にぶつかっていく。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

村田諒太が所属するのは帝拳ジム、井上尚弥は大橋ジム……。ボクサーを育てていくボクシングジムって一体どんなところなの? 意外に知られているようで知られていないジムの経営。大変だけど、浪漫を持って。その魅力をセレスボクシングスポーツジム、小林昭司の生き様を通じて見ていきたい。第1回は設立までの苦労を描きます。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ラグビーワールドカップ2019日本大会 が9月20日から11月2日にかけて全国12都市で開催される。組織委員会で働く寺廻健太は早稲田大などで活躍した元トップ選手。日本が南アフリカを下した2015年大会の大金星に刺激を受け、サラリーマンを辞めて組織委員会に飛び込んだ。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ラグビーワールドカップ2019組織委員会で働く寺廻健太はラグビーの普及、楕円球の魅力を世に伝えるレガシー局というセクションに身を置いている。「一生に一度」と銘打たれたビッグイベント開催を機に、ラグビーをこよなく愛する人々が列島の隅々までラグビー熱を届けようとしている。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ラグビーワールドカップ2019日本大会が1万2000人を超えるボランティアによって支えられることをご存知だろうか。いまやビッグスポーツイベントになくてはならないボランティアを、組織委員会という立場でマネジメントするのが神野幹也だ。大会が目指す新たなスポーツ・ボランティア像とは何か─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ラグビーワールドカップ2019組織委員会は大会が終われば解散する期間限定の組織である。ボランティア業務を担当する神野幹也は町田市役所職員。東日本大震災後の被災地で1年半の単身赴任生活を送ったこともある。彼はなぜ安定した公務員という職を辞し、組織委員会に身を投じたのだろうか。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

ラグビーワールドカップのスタジアムを満員の観衆で埋めたい─。大内悠資はそんな熱い情熱を持って組織委員会で職を得た。ビッグイベントだからといってあらゆるチケットが飛ぶように売れるかといえばそうではない。大会成功のカギを握るチケッティング業務はなかなか奥が深いのだ。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む

Entertainment

すべて見る
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

第3回はこちらもオリンピック・パラリンピック会場の有明、そしてお台場へ。新国立競技場近辺がヘリテッジゾーンなら、有明、お台場を含む臨海部は東京ベイゾーンと呼ぶ。新施設が続々と建設中の東京ベイゾーンを散歩した。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

第2回は前回に続いて新国立競技場編。スタジアムに沿った道からちょっとだけ外れると、都会の喧騒が嘘のような静かな住宅街がすぐそこに。心霊スポットからパワースポットまで、新スタジアムの周辺には実に多彩な東京の街並みが広がっている。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

SPOALライターの渋谷淳がスポーツにまつわるさまざまな土地に出かける「散歩シリーズ」のはじまり。第1回は「ここしかないでしょう!」ということで2020東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場へ。タイトルはもちろん今は亡きいぶし銀俳優、地井武男さんの「ちい散歩」のパクリ、いや、オマージュです。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

沖縄、ハワイの観光地編に続いて、ラストは地元・滋賀に対する思い入れを語る。山中慎介は故郷を愛する人、故郷から愛される人。試合になるといつも後援会が大応援団を結成して勝利を後押ししてくれたという。感謝を伝える凱旋が、防衛戦後の恒例となっていった。シンスケ旅行記には絶対に外せない場所――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

♪ああ あこがれーの ハワーイ航路~。
岡靖夫が歌い上げる「憧れのハワイ航路」が発表されたのは何と昭和23年だとか。今から70年以上も前になるが、今も日本人にとってハワイが「憧れのリゾート地」であることに変わりはありません。
山中家にとってもそう。2018年6月、引退記念として家族5人での初めてのハワイ旅行。どんな出来事が待っていたのでしょうか――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

旅は世につれ、世は旅につれ。
旅は時代をあらわし、時代は旅をあらわす。
アスリートは昔も今もリゾート地が大好きだ。おいしい食べ物、トレーニングに適した環境、リラックスできるひととき……。ボクシングの元世界チャンピオン山中慎介が最も愛しているリゾート地とは――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

藤子不二雄マンガに出てくる天然パーマの小池さんか、それとも〝ゴッドレフト〟山中慎介か――。プロボクシング日本人世界チャンピオン歴代2位となる12度の防衛を誇った彼は無類のラーメン党で知られている。引退から1年、今だから話せるラーメン秘話――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

とにもかくにもラーメン好き。山中慎介は敢えて試合の1カ月前にラーメン断ちすることでハングリー精神を磨いた。日本バンタム級チャンピオンになり、そして世界チャンピオンへ。ラーメン断ちの効果は十二分にあったのだ。そして試合が終わって食べる「真夜中ラーメン」もルーティンになっていく。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

山中慎介の拳は強い。ラーメン愛も天然パーマの小池さんより強い。WBC世界バンタム級王座を12度も防衛し、ずっと続けていた試合後の「真夜中ラーメン」のルーティン。だがあの日だけはどうしても食べに行くことができなかった。涙が止まらなくて仕方がなかったあの夜のこと――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

必殺の左ストレートでノックアウトの山を築いていた山中慎介は2018年春、現役引退を表明した。記録にも記憶にも残る名チャンプであった。引退してからもラーメン愛は続行中だ。最終回の今回は、彼のボクサーらしい好きなラーメン店の見つけ方、今の好み、ラーメン哲学をたっぷりと語っていただきました。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む

Non Fiction

すべて見る
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

アメリカでの充実したカメラマン生活を終え、福田は16年ぶりに活動拠点を日本に移した。そして今、決して大きくはない日本のボクシングの心臓部、後楽園ホールを中心にボクシングの写真を撮り続けている。アメリカで得た名声、人脈を駆使した新たなチャレンジも始まった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

福田は最高の1枚を撮影するためにベストを追求し続けた。そうした努力はやがてみのり、気が付けばスポーツジャーナリズムの、ボクシングの本場でも認められる存在となっていく。最も象徴的な栄誉が全米ボクシング記者協会の最優秀写真賞受賞だった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

2001年、ラスベガスでのボクシング取材がいよいよ始まった。最初はライターから、そしてカメラマンへ。あこがれの地は期待通りのあこがれの地であり、同時に信じられないような苦難の連続でもあった。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

福田は盟友、香川照之とともにボクシングマニアの王道とも言える日々を送ったが、この時点でボクシングカメラマンへの道はまだ見えてこない。大学も卒業しようかというころ、福田はカメラマンへの第一歩となるボクシングメディアに関わる機会を得た。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

ラスベガス行きを決意した福田直樹は少年時代から生粋のボクシングマニアだった。小学校でボクシングに目覚め、中学、高校に進むにつれて、すさまじい“ボクシング中毒者”になっていく。その傍らにはいつも香川照之という伴走者がいた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

汗が散り、ワセリンが飛び、血の塊が直撃する。それがリングサイドであり、カメラマンの戦場だ。リングサイドというプロボクシングの“舞台裏”で奮闘し続け、アメリカでトップに立った日本人カメラマンがいる。全米ボクシング記者協会の最優秀写真賞を4度受賞、アメリカンドリームを実現した福田直樹の物語─。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

外池大亮は大事なことに気づいた。学生に主体性を促すと言っておきながら、それができていないことを。己を恥じ、責め、彼は学生に詫びようとする。自分をさらけ出したとき、部に奇跡が起こる。「カレッジ☆ウォーズ」真の最終回、どうぞご堪能ください。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

関東大学サッカーリーグ1部残留が見えてきたかと思いきや、勝負どころの流通経済大学戦からまさかの連敗でチームは危機に瀕する。そして、ある〝事件〟をきっかけに外池大亮監督と4年生の間にすきま風が生じるようになる。己を見つめ直した青年指揮官が出した、その答えとは――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

「カレッジ☆ウォーズ」の続編。早稲田大学ア式蹴球部の監督を務める外池大亮は苦悩に満ちていた。2018年シーズンの優勝から一転、残留争いに巻き込まれた2019年シーズン。目標を「歴史的残留」に再設定して充実の夏を過ごしたが、後期開幕戦でいきなり大敗を喫してしまうことになる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

元Jリーガー、元電通マン、現役テレビマン。2018年、スポーツでもビジネスでもバリバリ働いてきた外池大亮が関東大学サッカーリーグ1部に復帰した母校・早稲田大学ア式蹴球部監督に就任した。学生たちのヤル気を引き出すための、あの手この手の本気の取り組みを追った情熱のノンフィション――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2018年、母校・早稲田大学ア式蹴球部の外池大亮は学生たちの意識改革からスタートさせ、島原合宿で初の対外試合に臨んだ。大雨が降り注ぐなか〝事件〟が勃発。もしこの事態が解決しなければ、青年監督は辞任まで覚悟したのだった――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

2018年の関東大学リーグ1部が開幕。外池ワセダは開幕戦に勝利すると波に乗って勝ち点を積み上げ、首位を走っていく。だが外池はこのまま順風満帆にいくとは思っていなかった。うまくいかなったときに自分たちは一体何ができるか。暑い夏が過ぎ、新たな事件が近づいていた。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

試練を乗り越えて関東大学リーグ1部復帰初年度で見事に優勝を果たすことができた外池ワセダ。だがここで止まってはいられない。優勝したからこそさらに学生主体のア式蹴球部にしていくべく、改革を進めていこうとする。アイデアと行動力。学生に負けじと、アグレッシブに振る舞う外池の姿があった。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

前年とは打って変わって、2019年シーズンの外池ワセダは開幕から1カ月が過ぎても勝利から見放されてしまっていた。外池はこれも必要な試練と捉え、学生の変化を注意深く見守っていく。ようやく初勝利の瞬間が近づいていた。実は試合前日に、彼はイチかバチかの賭けに出ていたのだった。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

ふたりのスニーカー探訪も、いよいよフィナーレ。
それぞれが選んだ最高の一足は、どんなモデルなのでしょうか。
この一部始終を文字だけで伝えるのはあまりにも惜しいので、たくさん写真も載せています。コート上では決して見ることのできないふたりを、どうか最後までご堪能ください。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

ようこそ、スニーカーの楽園へ。
結論から言うと、ふたりともここでお気に入りの一足に出会うことになります。
いったいそれは、どんなモデルなのでしょうか。
ハンドなふたりが、とことんフットに染まる貴重な時間を共に楽しみましょう。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

最初の店から盛り上がったスニーカー探し。
目的地に向かう道中も、様々な話を聞くことができました。
笑いあり、発見あり、ちょっとしんみりもあり。
ふたりって、素敵だなあ。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

同郷、同級生、同僚。そして同ポジション。
ハンドボール界の、ちょっと素敵な関係。
今は選手と社員という別々の道を進むふたりが、ひさしぶりに遊びに出かけました。
お気に入りのスニーカーを探す、原宿の夕べ。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

「うわっ、なにこれ、すごっ。えーっ。なにこれ、えーっ!すげえいいじゃん!」
数々のスニーカーが並んだ取材場所に入るなり、開口一番がこのリアクション。
ピッチ上で見せる真剣な眼差しとは打って変わり、子供のように目をキラキラさせている。

その男、飯倉大樹。32歳。

J1リーグ通算200試合以上に出場する、現在ヴィッセル神戸所属のゴールキーパー。
誰もが知るその側面とは別に、実は無類のファッション好きという面も併せ持つ飯倉選手に、今日は思いっきり語りまくっていただきました。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

取材をしていて気づいたこと。
答えてくれる時の目は、真剣そのもの。
答えてくれる時の顔は、笑顔そのもの。
これだけで本当にファッションが好きなんだと分かることがまた面白い。
少しでもその空気を感じてもらうべく、更にヒートアップした中編も余すことなくお届けします。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

前編・中編と続いてきたインタビューもいよいよクライマックス。
飯倉選手のエンジンもフルスロットルになり、取材現場も盛り上がりのピークに。
思わず笑ってしまうようエピソードや、貴重なプライベートまで、余すことなくお届けします。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む

Back Number

すべて見る
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

ベルトを失ったときの村田諒太ではないことは一目瞭然だった。2019年7月12日、エディオンアリーナ大阪で行なわれたWBA世界ミドル級タイトルマッチ。立ち上がり、前に出てきた王者ロブ・ブラント(アメリカ)の戦法に面食らいながらも冷静に対処した。リベンジの期待感が高まるなか、第2ラウンドが始まった。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

あの悪夢から9カ月――。WBA世界ミドル級王者・村田諒太は2018年10月、ボクシングの聖地であるラスベガスに赴き、指名挑戦者ロブ・ブラント(アメリカ)のスピードに翻ろうされて0-3判定負けでベルトを失った。一時は引退も考えるなか、現役続行を決断。「負けたら引退」を胸に、運命の再戦に臨んだ。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

アッサン・エンダムとのダイレクトリマッチを制して、WBA世界ミドル級王者となった村田諒太。2018年4月、イタリアのエマヌエーレ・ブランダムラと初防衛戦を行なうことになった。人知れぬ苦悩との戦いを経て、彼は横浜アリーナのリングに向かった――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

不可解な判定負けから5カ月後。WBA世界ミドル級王者となったアッサン・エンダム(フランス)とのダイレクトリマッチ。高まる周囲の期待を感じるとともに、2度目の失敗は許されないというプレッシャーが重くのしかかるなか、チャレンジャー村田諒太は再び世界タイトルマッチのリングへと向かう――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

2017年5月20日、東京・有明コロシアム。プロデビューから4年を経て、ロンドンオリンピック金メダリストはついに世界挑戦の舞台に立った。タフで鳴る元世界王者アッサン・エンダム(フランス)とのWBA世界ミドル級王座決定戦。4回にダウンを奪うなど主導権を握りながらも、1-2判定負けに終わった。雑誌「Number」に掲載したインタビューを再構成してお届けいたします。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

才能あるボクサーをどうマッチメークしていくか。実力差のある相手を選びながら実績と自信を積み上げていくか、それとも簡単じゃない相手と戦って苦戦も覚悟で高いハードルを乗り越えていくか。プロデビュー戦でいきなり東洋太平洋王者と戦った村田諒太は後者。プロ2戦目にもあるハードルが用意されていた――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

WBA世界ミドル級王座の初防衛に成功した村田諒太は、ボクシング界にとどまらず日本スポーツ界が誇る人気アスリートだ。ロンドンオリンピック金メダリストの肩書きを引っ提げ、紆余曲折を経て今の強さを手に入れている。アマからプロに転向して6年以上、編集長がスポーツ雑誌『Number』を通じて追いかけてきた記事、インタビューを厳選して掲載する。第1回は「有明デビューの衝撃」――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

畏怖をこめて『神の左』と人々は呼んだ。プロボクシング〝黄金のバンタム〟で世界チャンプとなった山中慎介は左ストレートを武器に次々と防衛を重ねていく。そのまっすぐな生き様とボクシングスタイルは、伝説になった。『Number』『ボクシングマガジン』での掲載記事を再構成したうえで、あらためてチャンプストーリーをお届けする。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

山中慎介が成功した12度の防衛。2012年4月、最初の刺客となったのがスーパーフライ級の元3団体統一王者ビッグ・ダルチニャンであった。下馬評は新王者よりも、経験豊富で大振り上等の〝レイジング・ブル〟。山中は軽やかなフットワークでダルチニャンをさばくマタドールとなる。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

山中慎介の数ある名KOシーンのなかでも、最もインパクトがあるのが2012年11月のトマス・ロハス戦である。左ストレートの威力に、真下にガクッと落ちる衝撃のシーンが待っていた。計算されたあの一撃。試合を追ったドキュメント記事を再構成して掲載する。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

あらためて振り返る山中慎介のチャンピオンストーリー。第4回はダウンの応酬の末に打ち勝った名勝負、2016年9月のアンセルモ・モレノ(パナマ)との再戦に突入する。〝亡霊〟の異名を持つ元WBAスーパー王者とは1年ぶりのリマッチ。パンチがかみ合わなかった前回の試合とはなぜまったく違う展開になったのか――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

山中慎介の防衛記録が止まった。最強挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)の強打の前に屈したものの、その後ネリのドーピング疑惑が報じされるなど心をかき乱されたなかで復帰を決意する。現役最後の試合と決め、ボクシングに対する自分なりの答えを探し出そうとしていた。「最強の自分」をつくり上げるために――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む

From SPOAL

すべて見る
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

街ブラロケの楽しさと難しさを実感した「しぶさんぽ」。好評連載の可能性しか感じません。ちょっとだけ僕のセリフが出てきましたが、恒例(にします!)の都市伝説なアプローチでもうすこしだけ。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

今日は、バスケットボールのお話です。
NBAという世界最高峰のプロバスケットボールリーグ。日本でも、八村塁選手の活躍が日々ニュースになっているので知っている方も多いのではないでしょうか。そんなNBAの2020年最初の盛り上がり、それがオールスターです。ただ今年は、例年とはちょっと違いました。35年ぶりの再会、深い悲しみが生んだ新しい取り組み、メーカー間の仁義なき戦い、など今年でしか起こり得ないことがたくさんありました。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

カメラマンが準備するモノはカメラとレンズだけではありません。三脚、パソコン、充電池。カメラバッグも撮影内容によって変化します。そんな数あるこだわりギアの中から、今回は「防寒具」について。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

東京オリンピック・パラリンピックの会場を歩いていると、オリンピックにまつわる思い出が次々と脳裏よみがえってくる。1984年のロサンゼルス大会を興奮しながらテレビで楽しんだ20年後、私はオリンピック発祥の地、ギリシャはアテネの大地を踏みしめていた。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

今回のスペシャルは、タイで活躍するフットボーラー細貝萌さんに登場していただきました。細貝さんのキャリアは曲がりくねった道かもしれません。しかし、その道を真摯に歩む彼の姿勢は尊く、美しく。彼に対するインタビューを通して感じたことーー。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

ここまでネタにできる編集後記も珍しいと思います。
とにかく濃く、面白く、刺激的な、「同級生」に登場した三人のアフターストーリー。

それもそのはず、だって取材に行ったのは今から半年以上も前なのですから…
次は取材に行ったらもっと早く連載します。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

スポーツカメラマンといっても競技によって、撮り方、見せ方は人それぞれ。その中でもボクシングのリングサイドでの撮影は選ばれし者たちの特別な世界。「ファインダーのムコウ」で語っていただいた福田カメラマンとの写真談義をもうちょっとだけ。

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

6年ぶりに国立競技場で行われた天皇杯決勝で撮り初めをしてきました。オリンピックへの期待感を感じると共に、聖火台も織田ポールも撤去されていて少し寂しさも感じました。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

2020年、明けましておめでとうございます!いつもSPOALをご愛読いただいているみなさまにとって東京オリンピックイヤーが素晴らしい1年となることを、心からお祈り申し上げます。本年は子年(ねずみどし)。私、編集長の二宮は48歳、年男になります。新春に際し、編集部を代表して2020年の抱負を述べたいと思います!

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

「カレッジ☆ウォーズ」の続編、「カレッジ☆ウォーズPLUS」はいかがだったでしょうか?外池大亮監督率いる早稲田大学ア式蹴球部、2019年シーズン後期の戦い。残留争いに巻き込まれ、苦しみ抜いた青年監督への取材を通じて感じたこと――。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
山手渉

SPOAL編集者

山手渉

なんでファッション!?
そう思った方もいたかもしれません。ところがどっこい、意外と発見も多いんです。

スポーツ好きなファッションライターとして、SPOALでぼくが目指すこと。
少しだけお話させてください。

山手渉

SPOAL編集者

山手渉

記事を読む
近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

映画が好きで、映画監督になりたくて、そんなことは夢物語であって。でも、気づいたら写真を撮ってる自分がいて・・・二宮編集長から「DVDのように作品を並べたい。その写真を撮ってほしい。」そう聞いた時、夢の扉の開く音が・・・

近藤俊哉

SPOALカメラマン

近藤俊哉

記事を読む
高須力

SPOALカメラマン

高須力

本サイト編集長二宮とカメラマン髙須の出会いについて語っています。ニノさんからは「俺について書くなんてズルいよ、泣いちゃうよ」と言われましたが、あえて書きました。出会ってから12年。地元の居酒屋で深まった関係だけれど、多くの時間を共有したからこそ、スポールにたどり着きました。

高須力

SPOALカメラマン

高須力

記事を読む
渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

2019年5月、私はイギリスのグラスゴーまで足を運び、稀代のボクシング世界王者、井上尚弥を取材した顛末を「モンスターを追いかけて」というタイトルで記事にした。今回はその編集後記として、11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝、ノニト・ドネアとの一戦に触れたい。

渋谷淳

SPOAL編集者

渋谷淳

記事を読む
二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

作品性を強めた新感覚の課金制スポーツメディア「SPOAL(スポール)」がついにプレローンチしました。構想から1年以上、喧々諤々とメンバーでいろんなことを協議し、ようやく実現に至ったことは感無量です。ぜひスポーツを愛するみなさまに、体感していただきたいと思っております。

二宮寿朗

SPOAL編集長

二宮寿朗

記事を読む

SPOAL

それは、スポーツ(SPORTS)とゴール(GOAL)を合わせた、私たちの合言葉。
ゴールを目指し、スポーツを楽しみ、愛し、尊重し、努力することにスポーツの醍醐味がある。

アスリートのみならず、それはスポーツに関わるすべての人々に。
楽しむ、愛する、尊重する、努力する。
それは、スポーツライティングの世界とて同じ。

ならば目指すゴールはどこなのか。
書きたいこと、正しいと思うこと、伝えたいことを、熱を持って描く。
自分たちから発信していく世界へ。
スポーツへのリスペクトを高め、作品性を強めていく世界へ。
そんな新たなゴールを創造したいと願う。

SPOALにはALL(全員)、OAL(ボートのオール)の意味も込められている。
みんなで一緒に、ゴールを目指す、その喜びを。
スポーツに携わる人、すべてに送る私たちのメッセージ――。

スプラッシュ