SPOAL

Back Number
12記事
  • 新着順
  • 人気順
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.7 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.7
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    ベルトを失ったときの村田諒太ではないことは一目瞭然だった。2019年7月12日、エディオンアリーナ大阪で行なわれたWBA世界ミドル級タイトルマッチ。立ち上がり、前に出てきた王者ロブ・ブラント(アメリカ)の戦法に面食らいながらも冷静に対処した。リベンジの期待感が高まるなか、第2ラウンドが始まった。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.6 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.6
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    あの悪夢から9カ月――。WBA世界ミドル級王者・村田諒太は2018年10月、ボクシングの聖地であるラスベガスに赴き、指名挑戦者ロブ・ブラント(アメリカ)のスピードに翻ろうされて0-3判定負けでベルトを失った。一時は引退も考えるなか、現役続行を決断。「負けたら引退」を胸に、運命の再戦に臨んだ。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.5 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.5
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    アッサン・エンダムとのダイレクトリマッチを制して、WBA世界ミドル級王者となった村田諒太。2018年4月、イタリアのエマヌエーレ・ブランダムラと初防衛戦を行なうことになった。人知れぬ苦悩との戦いを経て、彼は横浜アリーナのリングに向かった――。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.4 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    不可解な判定負けから5カ月後。WBA世界ミドル級王者となったアッサン・エンダム(フランス)とのダイレクトリマッチ。高まる周囲の期待を感じるとともに、2度目の失敗は許されないというプレッシャーが重くのしかかるなか、チャレンジャー村田諒太は再び世界タイトルマッチのリングへと向かう――。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.3 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    2017年5月20日、東京・有明コロシアム。プロデビューから4年を経て、ロンドンオリンピック金メダリストはついに世界挑戦の舞台に立った。タフで鳴る元世界王者アッサン・エンダム(フランス)とのWBA世界ミドル級王座決定戦。4回にダウンを奪うなど主導権を握りながらも、1-2判定負けに終わった。雑誌「Number」に掲載したインタビューを再構成してお届けいたします。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.2 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    才能あるボクサーをどうマッチメークしていくか。実力差のある相手を選びながら実績と自信を積み上げていくか、それとも簡単じゃない相手と戦って苦戦も覚悟で高いハードルを乗り越えていくか。プロデビュー戦でいきなり東洋太平洋王者と戦った村田諒太は後者。プロ2戦目にもあるハードルが用意されていた――。

    記事を読む
  • 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.1 激拳譜 村田諒太の軌跡 VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    WBA世界ミドル級王座の初防衛に成功した村田諒太は、ボクシング界にとどまらず日本スポーツ界が誇る人気アスリートだ。ロンドンオリンピック金メダリストの肩書きを引っ提げ、紆余曲折を経て今の強さを手に入れている。アマからプロに転向して6年以上、編集長がスポーツ雑誌『Number』を通じて追いかけてきた記事、インタビューを厳選して掲載する。第1回は「有明デビューの衝撃」――。

    記事を読む
  • GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.1 GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.1
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    畏怖をこめて『神の左』と人々は呼んだ。プロボクシング〝黄金のバンタム〟で世界チャンプとなった山中慎介は左ストレートを武器に次々と防衛を重ねていく。そのまっすぐな生き様とボクシングスタイルは、伝説になった。『Number』『ボクシングマガジン』での掲載記事を再構成したうえで、あらためてチャンプストーリーをお届けする。

    記事を読む
  • GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.2 GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.2
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    山中慎介が成功した12度の防衛。2012年4月、最初の刺客となったのがスーパーフライ級の元3団体統一王者ビッグ・ダルチニャンであった。下馬評は新王者よりも、経験豊富で大振り上等の〝レイジング・ブル〟。山中は軽やかなフットワークでダルチニャンをさばくマタドールとなる。

    記事を読む
  • GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.3 GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.3
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    山中慎介の数ある名KOシーンのなかでも、最もインパクトがあるのが2012年11月のトマス・ロハス戦である。左ストレートの威力に、真下にガクッと落ちる衝撃のシーンが待っていた。計算されたあの一撃。試合を追ったドキュメント記事を再構成して掲載する。

    記事を読む
  • GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.4 GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.4
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    あらためて振り返る山中慎介のチャンピオンストーリー。第4回はダウンの応酬の末に打ち勝った名勝負、2016年9月のアンセルモ・モレノ(パナマ)との再戦に突入する。〝亡霊〟の異名を持つ元WBAスーパー王者とは1年ぶりのリマッチ。パンチがかみ合わなかった前回の試合とはなぜまったく違う展開になったのか――。

    記事を読む
  • GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.5 GOD`S LEFT STORY ~プロボクシング山中慎介 最強の激闘譜~ VOL.5
    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    二宮寿朗

    SPOAL編集長

    二宮寿朗

    高須力

    SPOALカメラマン

    高須力

    山中慎介の防衛記録が止まった。最強挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)の強打の前に屈したものの、その後ネリのドーピング疑惑が報じされるなど心をかき乱されたなかで復帰を決意する。現役最後の試合と決め、ボクシングに対する自分なりの答えを探し出そうとしていた。「最強の自分」をつくり上げるために――。

    記事を読む